このページの本文へ

購入した製品の最新買い取り価格がすぐ分かる

ビックカメラグループの購買情報と買取アプリ「ラクウル」が自動連携

2021年01月22日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自動登録の流れ

 ソフマップは1月21日、買取アプリ「ラクウル」の「持ち物帳」機能を更新し、ビックカメラグループで購入した家電製品等を自動で登録できるようになったことを発表。
「持ち物帳」は、登録した家電製品のソフマップでの買取価格が分かる機能とのこと。今回の自動登録は、主に、パソコン、スマートフォン・タブレット、カメラ、ゲーム機、ゲームソフトを対象。

 ラクウルは2018年7月にリリースした買取アプリで、デジタル家電やホビー商品、衣類、ブランド品、アウトドア、ゴルフ用品などの幅広い品目の買取に対応。アプリから手続き後、箱に梱包して集荷を待つだけという手軽さから多くのユーザーに利用されているという。申し込み後の配送料金は全て無料となる為、店舗に持ち込む手間なく利用可能。

 ビックカメラグループ各社(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)が発行するポイントカードを登録することにより、ソフマップの最新買取価格が手間なく確認可能。持ち物帳には登録商品の買取価格推移グラフ表示や、売り時を知らせる通知機能、ビックカメラグループ各店での購入場所・購入日や保証期間を確認できる管理機能を追加。
 これまで、手入力に限られていた持ち物帳への登録を自動化することにより、今まで以上に買取りサービスが利用しやすい環境を提供するとのこと。

 今後のソフマップでは、購入した家電資産の循環型サービスとして買ってから売るまでの間、資産を守る保証や休眠資産を活かせるサービスを展開予定であり、持ち物帳を利用して家電資産を買い取り、再生して販売する持続可能なサイクルを目指すとした。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン