このページの本文へ

GIGABYTE、クリエイター向けノートPC「AERO 15 OLED/AERO 17 HDRシリーズ」にGeForce RTX 30シリーズ搭載の新モデルを追加

2021年01月20日 12時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AERO 15 OLEDシリーズ

 GIGABYTEは1月20日、ノートPC「AERO 15 OLEDシリーズ」「AERO 17 HDRシリーズ」にNVIDIA製最新GPU「GeForce RTX 30シリーズ」を採用したモデルを追加。1月27日より順次発売する。また、先行予約の受付を開始した。

 新モデルは4K解像度の有機ELディスプレーを搭載したクリエイター向けの15.6型ノートPC「AERO 15 OLEDシリーズ」の最上位モデルにあたる「AERO 15 OLED YC-9JP5760SP」(53万8780円)は、CPUにインテルCore i9-10980HKを採用、GeForce RTX 3080モバイルGPUを搭載。メモリーは64GB、ストレージは1TB SSDを2基搭載するハイスペックモデル。4K有機ELパネルは、DCI-P3色域カバー率100%、HDR400 TRUE BLACK対応 、コントラスト比 10万:1という表示性能を持つ。

 また、下位モデルとしてCore i7-10870H+GeForce RTX 3070を搭載した「AERO 15 OLED XC-8JP5450SP」(30万7780円)と Core i7-10870H+GeForce RTX 3060搭載の「AERO 15 OLED KC-8JP5130SP」(21万9780円)もラインアップ。

AERO 17 HDRシリーズ

 17.3型4K HDRパネル搭載の「AERO 17 HDRシリーズ」では、最上位モデルとしてCore i9-10980HKとGeForce RTX 3080モバイルGPUを搭載する「AERO 17 HDR YC-9JP4760SP」(54万9780円)を追加。メモリーは64GB、ストレージは 1TB SSDを2基搭載。

 AERO 17 HDRにも下位モデルが用意され、Core i7-10870H+GeForce RTX 3070の「AERO 17 HDR XC-8JP4450SP」(31万8780円)をラインアップする。

 いずれの製品もクリイターに求められる忠実な色再現のために出荷時に色校正を行ない、最適化されたドライバーにより、すぐれたパフォーマンスと安定性を実現NVIDIA RTX Studioに対応。また、ネットワーク機能には新たに2.5Gbps LANを実現するRealtek RTL8125-BGチップを搭載、Intel AX200 WirelessモジュールによるWi-Fi 6無線接続に対応する。さらにAEROシリーズの特徴でもあるMicrosoft Azure AIとの連係によるパフォーマンスの最適化もサポートされ、クリエイティブ用途だけでなくゲームを楽しむこともできる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン