このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第598回

いわゆる「M1 Mac」なのか:

アップル「ミニLED版MacBook Pro」今年発売の観測強まる

2021年01月20日 12時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが2021年にデザインを再設計したミニLEDパネル搭載のMacBook Proを発売する──との予測をアップル関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏がレポートで伝えたのは昨年のこと。今年に入り、別の方向からも同じうわさが流れてきた。

 台湾メディアDigitimesは匿名の業界筋からの話として、2021年に改良されたバックライトパネル(ミニLED)を採用したMacBook Proが発売されると1月7日に伝えている。

 また、2022年には同様にMacBook Airも準備されているという。

 本当に今年登場するのであれば、やはりApple Silicon搭載モデルなのだろうか? となればかなりの人気モデルになりそうだ。

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中