このページの本文へ

アイデアだけでもSDLアプリを開発できる、オンラインハッカソン開催

2021年01月19日 10時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SDLコンソーシアム日本分科会およびSDLアプリコンテスト実行委員会は、開催中の「スマートフォンとクルマをなかよくする『SDLアプリコンテスト2020』」の応募締切を2月21日に変更したと発表した。

 SDL(Smart Device Link:スマートデバイスリンク)は、クルマやバイクとスマートフォンを連携させ、スマホアプリからカーナビ(車載機)を操作できるオープンソースの国際標準規格。米フォードやトヨタ自動車、仏グループPSAといった国内外の自動車メーカーや、関連企業の参加するSDLコンソーシアムが推進している。

 国内では2018年より、「SDLアプリコンテスト」を実施しており、今年が第3回となるコンテストは自動車メーカー9社(トヨタ自動車、マツダ、SUBARU、ダイハツ工業、三菱自動車工業、スズキ、ヤマハ発動機、川崎重工業、いすゞ自動車)を中心とするSDLコンソーシアム日本分科会が主催し、SDLに対応するエンタメアプリやドライブを楽しむためのアプリ、業務用アプリなど、四輪・二輪の両方を対象に様々なアプリを募集している。

 当初、応募締切を1月15日に設定していたが、昨今の社会的な情勢の変化を鑑みて2月21日に変更した。また、締切前日の2月20日にSDLアプリのアイデア提案のみの人でも参加でき、コンテストへの応募作品を企画・制作できるオンラインハッカソンを開催する。詳細は、SDLアプリコンテストの公式サイトを確認のこと。

 1月30日(アイデアソン)と2月20日の2日間(ハッカソン)が開催(※どちらかだけの参加は不可)。アイデアソン賞金総額5万円、ハッカソン賞金総額10万円が用意される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン