このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!! 第61回

【今月の自作PCレシピ】VTuberに挑戦! 約16万円の録画配信向けPC

2021年01月18日 13時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 動画や音楽の視聴、ゲーミングといった用途やコスト、筐体サイズを重視するなど、自分好みに組み立てられるPC自作。ただ、その自由度の高さに比例して、パーツ選定にはある程度の知識や時間が必要になる。

※写真はイメージです。実際に使用するパーツとは異なります

 そんなパーツ選定に悩まずに済むよう、秋葉原の主要パーツショップ店員に聞いたオススメパーツ構成を紹介。コスト重視の激安から、最新ゲームをヌルヌル表示でプレイできるゲーミング構成まで、さまざまなPC構成を毎月お届けしよう。

 秋葉原や通販で、“○○○を快適に楽しめるPC自作パーツをサクッと買いたい!!”、“どんな構成が良いのか見当がつかない”といった人は注目してもらいたい。

ゲーミングPCと並んで注目の動画配信PC

 ゲームとともにPCの用途として挙げる人が増えているのが、ゲームプレイの実況配信や、趣味を活かしたレビュー、専門知識や経験を元にしたハウツーなどの動画配信向けのPCだ。なかでも2D/3Dのキャラクターを介して配信するVTuber(ブイチューバー)は人気になっている。

 今回は、実際にウェブカメラを使って2D/3Dキャラクターになりきれる「FaceRig」を使って、VTuberとして配信しているパソコンショップ アークのスタッフ水谷友紀さんに、動画録画配信向けのPCを提案してもらった。

末広町駅にほど近い場所にあるパソコンショップ アーク。PCパーツ専門店ならではのこだわりBTO PC「arkhive(アークハイブ)」も展開中だ

パソコンショップ アークの新スタッフで、VTuberとして配信もしている水谷友紀さん

顔の動きを読み取り、リアルタイムにアバターへ反映する「FaceRig」(Steamから導入 1480円)。手軽な価格でVTuberになれる

2Dイラストを動かす「FaceRig Live2D Module」もある。商業利用が許可されている「FaceRig Pro Upgrade」などもある

20万円で構築する動画配信環境

 家庭用ゲーム機やスマホ、ビデオカメラなどの映像をキャプチャーして配信する録画配信専用PCとして構成したという水谷さん。

 6コア/12スレッドCPUのAMD Ryzen 5に、8GB×2の16GBメインメモリーや、512GB NVMe M.2 SSD+2TB HDDのデュアルストレージ、AMDのローエンドGPU「Radeon RX 550」を搭載したビデオカードなどといったミドルスペックに、キャプチャーデバイスを追加している。

 キャプチャーデバイスは、「キャプチャーの安定性を重視した」とのことで、PCI Express接続のAVerMedia「Live Gamer HD 2(C988)」を組み合わせている。定番のUSB接続となる「Live Gamer Portable 2 PLUS」も、PC不要で録画できるメリットがあるのでおすすめとのこと。

 そのほかPCをしっかり冷却しつつ、マイクにPCの動作音が入らないように、Fractal Designの静音PCケースを組み合わせるなど、録画配信PCのポイントをしっかりと押さえた構成になっている。

パソコンショップ アーク スタッフ水谷さん提案の配信専用機のPCパーツたち

定番メーカーAVerMediaのキャプチャーデバイス。USB接続と違って相性問題の不安がないPCI Express接続の「Live Gamer HD 2(C988)」

手軽に扱え、PC不要で録画できるUSB接続の「Live Gamer Portable 2 PLUS」

VTuber向け動画配信PC
CPU AMD「Ryzen 5 5600X」
(6コア/12スレッド、3.7~4.6GHz)
3万9380円
CPUクーラー サイズ「虎徹MarkII」
(120mmサイドフロー)
3749円
マザーボード ASUS「TUF GAMING B550M-PLUS」
(AMD B550、Micro ATX)
1万7980円
メモリー SanMax「SMD4-U16G48H-32AA-D」
(DDR4-3200、8GB×2)
8780円
SSD A-DATA「ASX8200PNP-512GT-C」
(NVMe M.2、512GB)
7981円
HDD TOSHIBA「DT01ACA200」
(7200rpm、SATA3、2TB)
5780円
ビデオカード MSI「Radeon RX 550 4GT LP OC」
(Radeon RX 550、GDDR5 4GB)
1万230円
PCケース Fractal Design「Define Mini C Black」
(Micro ATX、ミドルタワー)
9147円
電源ユニット Antec「NeoECO GOLD 750W」
(80PLUS GOLD、750W)
1万450円
キャプチャーデバイス AVerMedia「Live Gamer HD 2(C988)」 2万4270円
ケースファン サイズ「KAZE FLEX 120 PWM」 1298円
ケースファン サイズ「KAZE FLEX 140 SQUARE PWM」×2 3036円
CPUグリス 親和産業「OC Master 1g」 715円
OS Microsoft「Windows 10 Home」パッケージ版 1万8183円
総額(税込)   16万979円

※価格は1月16日調べ。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中