携帯電話網を用いて、信号サイクル情報をクラウドサーバーで収集・配信

MoT、自動運転車両に信号情報を配信 静岡県下田市での実証実験にて

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Mobility Technologies(以下、MoT)は12月4日、次世代のモビリティー関連事業に向けたR&Dの一環として、静岡県が取り組む「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」における下田市での公道での実証実験で、自動運転車両への信号情報の配信を担当すると発表した。実証実験の期間は12月7日~12月15日。

 MoTは本実証実験において、名古屋大学が担当する自動運転システム内で、配信された信号情報を活用した円滑な加減速をする技術を検証する。なお、信号情報の配信は、警察庁が2018年3月から開始した、信号情報を車両に送る無線装置を信号制御機に接続する機会を民間事業者に提供する申請要領に基づいて実施するとのこと。

 信号情報の配信はこれまでに、2018年4月の神奈川県藤沢市、2019年3月の愛知県常滑市、2020年2月の愛知県春日井市などでの実証実験を通して、技術面および安全面の検証を実施してきた。

 今回の静岡県下田市では、3つの交差点(うちひとつは押しボタン式信号機を採用)を通過するルートで実証実験を実施する。各交差点の信号制御機には、日本信号の専用無線装置を設置し、MoTは信号の灯色や残り時間などの信号サイクル情報を、携帯電話網を用いてクラウドサーバーで収集する。収集した信号サイクル情報は、自動運転車両からのリクエストに応じて車両へと配信する。

 本システムの開発においては、MoTが培ってきたクラウド技術の経験を活かし、低コストかつ汎用的な仕組みを実現したとのこと。信号情報を受信した車両は、自動運転システムにより「進む」か「停止」かの制御を実行する。

 MoTは、今回の実証実験で得られた信号情報配信の知見を、今後の事業開発、サービス展開などに活用するとしている。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
2020年
01月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
04月
06月