このページの本文へ

「Autono-MaaS」実用化に向けた実験

自動運転シャトルで小売店へ送迎と宅配、東広島市で実証実験へ

2020年12月04日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

May Mobilityの自動運転車

 東広島市、広島大学、イズミ、MONET Technologiesは12月4日、スーパーマーケットなどと連携した小売りMaaSを自動運転車で実現する「Autono-MaaS(オートノマース)」の実用化に向けたプロジェクトを、2021年2月から開始すると発表した。

 MONET Technologiesは、ソフトバンクとトヨタの共同出資会社で、MaaS事業を展開している。Autono-MaaS(オートノマース)とは、トヨタ自動車が提唱する、Autonomous Vehicle(自動運転車)とMaaSを融合させたモビリティーサービス。

 本プロジェクトは、内閣府により「SDGs未来都市」に選定された東広島市が目指す、住み続けられるまちづくりの推進と、自動運転時代を見据えた国際学術研究都市の実現に向けて実施するもの。子育て世代や高齢者などのお買物を支援するサービスの実証を目的として、広島大学の学生および教職員や近隣の住民を対象に、西条町下見および西条下見地区を中心としたエリアにおいて実証実験に段階的に取り組む。実証実験に参加するモニターは今後募集する予定。実証実験の内容は以下の通り。

(1)手動運転バスでスーパーへの送迎と商品の宅配を同時に実施

 本プロジェクトでは、1台のオンデマンドバスでスーパーへの送迎と商品の宅配を同時に行なう実証実験を2021年2月~2022年3月に実施予定。MONETのスマホアプリでの予約に応じて、自宅などの任意の場所から総合スーパー「ゆめタウン学園店」(運営:イズミ)への送迎を行なう手動運転のオンデマンドバスを運行する。

 また、電話などで注文を受け付けたゆめタウン学園店の商品を、モニターが指定する場所・時間にこのオンデマンドバスで配送する実証を同時に行ない、貨客混載の運行による新しい買物支援サービスの実現に向けて取り組む。なお、オンデマンドバスの車両には、MONETが開発した「マルチタスク車両」を使用するため、シートを外すことで大きな荷物の配送や車椅子での乗車も可能。

(2)広島大学キャンパス内で自動運転シャトルを運行

 2021年3~8月(予定)の期間、自動運転シャトルの実証実験として、米国May Mobility(メイモビリティ)が開発した自動運転車を使用して、広島大学の東広島キャンパス内で定路線の自動運転シャトルを運行。広島大学の学生・教職員は、キャンパス内の移動手段として自動運転シャトルを自由に利用できる。

(3)商品を店頭に設置したロッカーなどで受け取れる「BOPIS」

 モニターがイズミに電話で注文したゆめタウン学園店の商品を、店頭に設置したロッカーなどで受け取れるサービス「BOPIS(Buy Online, Pick-up In Store)」を2021年3月より実施予定。店頭へは、実証実験(1)で運行するオンデマンドバスをMONETのアプリで予約して移動できる。

(4)自動運転シャトルで小売りのAutono-MaaSを実現へ

 実証実験(2)で自動運転シャトルの運行の安全性を確認した上で、広島大学の東広島キャンパスとゆめタウン学園店を結ぶルートにおいて、May Mobilityの自動運転シャトル1台を定路線で運行し、モニターの送迎とイズミのアプリで注文を受け付けたゆめタウン学園店の商品の配送を同時に行なう。期間は2021年9月~2022年3月を予定している。

プロジェクトの全体像

 なお、このプロジェクトに先駆けて、東広島市、広島大学およびMONETは、自動運転社会を見据えたデータ収集を目的に、東広島キャンパスや周辺地域において定時定路線およびオンデマンド型の「広島大学循環バス」を、2019年10月から2020年7月まで運行した。

 また、2020年11月からは、東広島市の住民などが安心して買物に出掛けられるよう、車内におけるパーソナルスペースの確保と換気に配慮したMONETの「パーソナルベンチレーションキット」を架装した車両で、オンデマンド型の広島大学循環バスを運行している。MONETのアプリで乗車予約をすることで、ゆめタウン学園店を含むバス停で誰でも乗降が可能。

 本プロジェクトは、自動運転社会を見据えた新たなモビリティサービスの創出と実証を目的とした「東広島市Autono-MaaS推進コンソーシアム」の取り組みの一環として実施するもの。同コンソーシアムの事務局は、東広島市、MONETおよび現代文化研究所が務め、企業や団体、有識者、関係省庁などが会員として加盟している。なお、オンデマンドバスによる貨客混載などの実証実験は、経済産業省中国経済産業局の委託事業として実施するもの。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ