このページの本文へ

Noble Audio「FALCON PRO」発表、ブランド史上最高の音を

2020年12月04日 10時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エミライは12月4日、Noble Audioの完全ワイヤレスイヤホン新モデル「FALCON PRO」を12月18日に発売すると発表した。価格はオープンプライス、実売価格は2万7000円弱になる見込み。

 10月に発売された「FALCON2」がベースだが、高音質を追求。「TWS史上最高音質」をテーマに開発した。米Knowles製の最新世代BA型ドライバー「SRDD」と、新採用の直径6mmのチタンコーティング振動版「Tri-layered Titanium-coated Driver (T.L.T. Driver)」を組み合わせたハイブリッド構成。アナログ方式のクロスオーバーネットワークを内蔵している。

 SRDDは、2つのBAで構成。ノズル先端に配置することで、高い取り付け精度と音導管での信号ロスや反射効果を最小限にとどめている。T.L.T. Driverは、ポリウレタンとポリエーテルエーテルケトンという特性の異なる樹脂を組み合わせた複合素材振動板。これにチタンコーティングを施している。

 SoCは、クアルコムの「QCC3040」を採用。左右独立伝送の「TrueWireless Mirroring」にも対応する。例えば、iPhoneなど、クアルコム以外のBluetoothチップを搭載したスマホとの組み合わせでも左右独立伝送が利用できる。

 Bluetoothのコーデックは、SBC、AACに加え、aptX Adaptiveにも対応する。また、ヒアスルー機能も搭載。

 「High Precision Connect Technology 2」として、電波強度も2倍に増やした。加えて、装着時のアンテナの位置・角度を、最適化。アンテナ基板も、装着した際に信号強度が最も減衰しにくい場所に配置しており、通信の安定性に配慮している。

 シェル形状は新規に開発。IPX5相当の防水機能を持つ。イヤーチップは、ePro Audio製で、新開発のTWS専用ホーン形状ピース(大口径タイプ)となっている。シリコンとグラフェンの配合比率を見直し、より耐久性を向上させながら、耳の形にフィットする柔軟性も持たせている。さらに、内側にリブを設け、装着しやすくするとともに、抜けにくく改良した。

 本体重量は片側約6g。充電ケースは52.5g。連続再生時間は10時間(ケース併用で約50時間)。急速充電に対応し、1時間でフル充電、15分で2時間の連続再生が可能。充電ケースはUSB Type-C経由でフル充電まで1.5時間。また、ワイヤレス充電にも対応する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン