このページの本文へ

SIGMA、コンパクトかつ高画質の単焦点レンズ3本を発表

2020年12月02日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「SIGMA 24mm F3.5 DG DN | Contemporary」

 シグマは12月日、交換レンズの新製品3本を発表した。いずれも単焦点でLマウント用・ソニー Eマウント用。ミラーレス時代の交換レンズとしての新たな価値に挑戦する「Iシリーズ」の第1弾となる。

 「SIGMA 24mm F3.5 DG DN | Contemporary」は撮影シーンを選ばない高い機動力を持つコンパクトなボディーと、最短撮影距離約10cm、最大撮影倍率1:2という協力なマクロ撮影性能を持つ広角単焦点レンズ。1月22日発売で価格は7万3700円。

「SIGMA 35mm F2 DG DN | Contemporary」

 「SIGMA 35mm F2 DG DN | Contemporary」は、開放F値2.0の明るさと星景撮影にも利用できる高い光学性能、ミラーレスシステムに適したコンパクトなレンズ。12月18日発売で、価格は8万5800円。

「SIGMA 65mm F2 DG DN | Contemporary」

 「SIGMA 65mm F2 DG DN | Contemporary」は凝った画作りが可能なる65mm単焦点レンズ。開放からキレのある描写と開放F値2.0による大きく美しいボケ味を楽しむことができる。12月18日発売で、価格は9万7900円

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン