このページの本文へ

通話録音機能付き端末(特殊詐欺対策アダプタ)とセットで提供

NTT東西、AIで通話内容を解析し特殊詐欺を防ぐ固定電話向けサービス

2020年11月30日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「特殊詐欺対策サービスおよび通話録音機能付き端末(特殊詐欺対策アダプタ)」

 西日本電信電話(NTT西日本)および東日本電信電話(NTT東日本)は11月30日、住宅用固定電話の利用者向けに、「特殊詐欺対策サービスおよび通話録音機能付き端末(特殊詐欺対策アダプタ)」の提供を開始した。

 特殊詐欺の手口は巧妙化・複雑化しており、電話に出ることに不安を感じるという声も寄せられているという。こうした状況を受け、NTTグループは2019年5月に「特殊詐欺解析AIを用いた実証実験」を実施。実験を通じて得られた知見や寄せられた意見や要望を踏まえ、本サービスを開発した。

 本サービスは、NTT西日本・NTT東日本が提供する住宅用電話サービス(「加入電話」「INSネット64」等)とセットで契約することで利用できる。料金は、住宅用固定電話サービスの使用料に加えて、月額440円。初期費用は、工事費込みで8800円。

 特殊詐欺対策アダプタから、録音した通話内容をクラウド上に転送し、特殊詐欺解析AIが通話内容を解析。特殊詐欺であると疑われる場合には、契約者本人や親族等のあらかじめ登録された人に、注意喚起の電話やメールを送信する。これにより、契約者本人や親族が詐欺の危険性を察知することが可能となる。

 しつこい勧誘の電話や迷惑電話は、その番号を特殊詐欺対策アダプタへ登録することで着信をブロックできる(拒否リスト機能)。家族や友人の電話番号をあらかじめ特殊詐欺対策アダプタへ登録すると、当該電話番号との電話は、録音・解析の対象外となる(許可リスト機能)。

 ひかり電話/ひかり電話A(エース)については、準備が整い次第、順次受付を開始する予定としている。

提供条件および料金等

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン