このページの本文へ

薄く気軽に貼り付けられるシール型紛失防止デバイス「MAMORIO FUDA」第2世代発売

2020年11月30日 16時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MAMORIOは11月30日、シール型紛失防止デバイス「MAMORIO FUDA」第2世代を発売した。

 Bluetooth 4.0(LE)通信を用いてスマホと連係する紛失防止タグで、従来モデル「MAMORIO」機能はそのままに薄型のシールタイプとしたモデル。MAMORIO FUDA第2世代は触り心地の良いぷっくりとしたボディーとシャープな印象はそのままに、第1世代の特徴でもあった本体表面のブランドロゴを外し、白黒で無地のシンプルな仕上がりとしている。

 シンプルな無地のデザインとしたことで貼り付け対象のデザインを邪魔することなく日常やビジネスシーンでも違和感なく使え、盗難時にMAMORIOだけが外されてしまうといったリスクも軽減。とくに白地のデザインはオリジナルデザインの印刷によるカスタマイズが可能なため法人向け業務やノベルティとしても活用しやすい。

 本体サイズはおよそ幅36.6×縦23.5×厚み3mm、重量およそ3.7g。リチウム電池によりおよそ1年間利用可能(ユーザーによる電池交換はできないが有償での電池交換プログラムが用意される)。価格は3278円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン