このページの本文へ

金持ち大企業の「実質ゼロ」 安上がりな水増し策にご用心

2020年11月27日 06時12分更新

文● James Temple

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アマゾンをはじめとする大企業が「二酸化炭素排出量の実質ゼロ」を達成するために採用するカーボン・オフセット・プログラムは、削減量を過大評価し、実質的な効果が望めないばかりか、大企業の抜け穴になる可能性がある。温暖化ガス排出量を2050年に実質ゼロにする目標を掲げる日本でも同様だ。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ