• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「無双」シリーズ初の快挙を達成!

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』全世界の累計出荷本数が300万本を突破!

2020年11月24日 19時30分更新

文● Zenon/ASCII

 コーエーテクモゲームスは11月24日、Nintendo Switch専用アクションゲーム『ゼルダ無双 厄災の黙示録』において、全世界の累計出荷本数が300万本を突破したと発表。1タイトルでの300万本の出荷達成は、「無双」シリーズで初になるという。

 本作は、任天堂が2017年3月に発売した『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(Nintendo Switch/Wii U用ゲームソフト)の世界観を継承した作品となり、「ブレス オブ ザ ワイルド」では過去として描かれた「大厄災」にフォーカス。

 100年前何が起きていたのか、どんな戦いがあったのか。「無双」シリーズならではのアクションとともに、ドラマティックなストーリーが描かれる。

 大厄災が起こる100年前の「ハイラル」の風景を新たに描き、主人公「リンク」をはじめとしたおなじみのキャラクターたちが、在りし日の姿で登場する。

■発売直前トレーラー

 

【ゲーム情報】

タイトル:ゼルダ無双 厄災の黙示録
プラットフォーム:Nintendo Switch
ジャンル:アクション
発売日:発売中(2020年11月20日)
価格:
 ■パッケージ版/ダウンロード版:7920円
 ■アイテム付き限定版「TREASURE BOX」:1万6720円
 【同梱アイテム】
 ・アクリルアートプレート
 ・パラセール風ブランケット
 ・メタルチャーム
※「TREASURE BOX」は、My Nintendo Store、GAMECITY、ゲオ、Amazon.co.jpでのみ販売。
CERO:B(12歳以上対象)
販売:コーエーテクモゲームス

 
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう