このページの本文へ

ノートPCの機能を拡張できる

デスクやモニターに固定できるUSB Type-Cドッキングステーション、上海問屋

2020年11月20日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

USB Type-Cドッキングステーション「DN-916010」

 上海問屋は11月20日、デスクに固定できるUSB Type-Cドッキングステーション「DN-916010」を、ドスパラ店舗および通販で発売した。価格は6908円。

 本製品は、クランプ固定式でデスクやモニターに固定できる、USB Type-C(USB 3.1 Gen1)接続のドッキングステーション。USB Type-C、USB Type-A×2、HDMI出力ポート、microSDカードスロット、SDカードスロット(いずれのスロットもSDXC対応)、3.5mmオーディオを備えており、インターフェースが限られるノートPCの拡張性を高めるのに使えるという。

クランプ固定式でデスクやモニターに固定できる

 HDMI出力部は4K/30Hzまでの解像度に対応し、ノートPCでのマルチモニター環境構築が可能。USBオルタネートモードに対応するスマホやタブレットなどを接続して、テレビなどの大画面に表示するといった使い方もできる。

 固定可能な厚みはおよそ5~ 25mmとしている。対応OSはWindows 10、MacOS X 10.10以降、iOS 12以降、Android 6.0以降。サイズはおよそ幅110×奥行き25×厚み39mm(突起部除く)、重量およそ91g。USB Type-C to USB Type-Cケーブル2本(20cm、120cm)が付属する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ