このページの本文へ

あんなに魅惑的な食べ物はない

カップヌードルカレー味が最強である理由を語らせろ

2020年11月17日 14時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カレーヌードルの“カレー”って最強!

 みなさん「カップヌードル」もちろんお好きですよね。個人的には夜食として深夜すするのが異様にうまい。突然ですが質問です。カップヌードルの中の定番の三種「カップヌードル」「カップヌードル シーフードヌードル」「カップヌードル カレー」の中で選ぶとしたらあなたにとって一番はどれですか?

カップヌードルを一生に一種しか選べないなら……

 それぞれおいしいので「全部好き」も正解。では、質問を変えましょう。一生に一種しか食べられないとしたら、カップヌードルの「ノーマル」「シーフード」「カレー」の中からどれを選びますか?

 究極の選択ですよ。ノーマル、シーフード、カレー。あなたなら……。

 これは、アスキーグルメのTwitter企画で、10月にすでにアンケートを実施した内容です。実はすでにアンケートの結果は出ています(アンケートを実施した投稿はこちら)。

 結果、981人から回答をいただきました。1位「カップヌードル(ノーマル)」42.7%、2位「カップヌードル シーフードヌードル」33.3%、3位「カップヌードル カレー」24%の順となりました。

 Twitterで回答いただいたみなさん、心よりありがとうございます。そして一位に輝いたカップヌードル(ノーマル)おめでとう!

1位ノーマル、2位シーフード、3位カレーの結果でした。まあ妥当でしょう。しかし……。

 シーフード、カレーも健闘していますが、最もポピュラーで歴史があるノーマルのカップヌードルが1位。「なんだかんだノーマル」「やっぱりノーマルかな」といった声をいただきました。追ってシーフード、カレーと売上と同じ順番となっており、妥当と言えるでしょう……。

 しかーし!

 結果では3位になったカップヌードルカレーのファンがだまっていませんでした
!!!

カップヌードルカレー好きのコメントが一番アツかった

 アンケートのコメントをみると、カップヌードルのレギュラーやシーフードは「シンプルだから」「アレンジがきくから」といった汎用性を押した、ある意味、消極的な理由が多かったのですが、カレーに関しては「元気が出るから」「中毒的においしい」など積極的な理由が目立ちました。

 また、実際にいろいろな人と話してみると、カップヌードルカレーを好きな人は熱烈な愛好者が多いことがわかってきました。そうです、カップヌードルカレーを好きな人は総じて熱量が高いんです(たぶん)。

 今回のTwitterアンケートの結果を見てアスキー編集者部のカップヌードルカレーファンが憤慨。「カップヌードルカレーの魅力を語らせろ」となぐりこんできました。

カップヌードルカレー好きが物申す「なんでビリかわからない」

「カップヌードルカレーは最強だ!」と言いたい人が参上

・盛田papa イクメン記者。最近皮ごとバナナを焼いて食べたらうまかった。

・ラッキー橋本 アスキーTVの配信などを担当。髪はピンク、緑、黄色のRazerカラー。

カップヌードルカレー心棒者である2名に、好き勝手に語ってもらいました。

盛田:なんでカレーがこの中でビリなんだろう。こんなにうまいのに。みんな、なにかガマンしているのかな。

ラッキー:自分はノーマルのカップヌードルを選ぶ理由がわからないんっすよ。だってふつうの醤油味ですよ。子供のころからずっとシーフードばかり食べてたから、シーフードがノーマルで赤いのはその亜種くらいに思ってました。

――それはさすがに特殊な意見では。

盛田:わたしはカレーがノーマルに負けるのはわかるけど、シーフードに負けるのは解せない。最初にこの3択を見た時にシーフードを選ぶ人っているの?って思ったくらい。

ラッキー:アンケートの並び順じゃないですか? アンケートの項目もノーマル、シーフード、カレーの順でしたよね。みんな上から適当に選ぶんですよ。

――いや、ちょっと。ノーマルもシーフードもおいしいですよ!?

盛田「カップヌードルカレーを選ばない人はカップヌードルカレーを食べたことないんじゃないのか」

ご飯との相性の良さが他の非じゃない

盛田:カレーは、ごはんのおかずにもなる。

――その意見、ありました。

カップヌードルカレーにご飯を入れてもおいしい、ご飯にかけてもおいしい。

盛田:ノーマルとかシーフードのカップヌードルは、残り汁にご飯を入れるという発想になるけど、カレーの場合、お茶碗にご飯を入れてそっちに汁をかけるのもいい。さらに一味唐辛子とかガラムマサラで辛みを増していくと普通にスープカレー的にめちゃおいしい。

 あとたまにやるのが、湯量を7〜8割に減らしてチーズをドバドバ入れて「俺は!今!体に!悪いものを!食ってんぞ!!!!!」という勢いでチートスの大袋みたいなテンションで食う。めちゃギルティですが。

ラッキー:自分はカレーのポテトが好きですね。あれそのまま食べてもカリカリしておいしいから、お湯をかける前にフライングでひとつつまんで食べちゃう。

盛田:ポテトはえらい。冷静になると、ラーメンにポテトを入れるって発想ないじゃないですか。

――確かに。

ラッキー:赤い野菜とかも入ってますよね。

盛田:ニンジン。ネギとかですね。スパイスがきいているだけじゃなくて野菜の旨味、甘味が濃いんですよね。成分表あらためてみてびっくりしたけどピーナツバターとか入っているのか。

原料をよくみるとピーナッツバターと書かれている。

――それが甘味の正体なのかも……。

ラッキー「カップヌードルカレーはごはんがあればカレーライスにもできる。ポテトはそのまま食べるとじゃがポックル」

香りが魅惑的すぎる!実は麺がちょっと太い

盛田:一番は「カレー」というジャンルが人類にとって魅惑的であることかな。カップヌードルカレーは日本初のレトルトカレーが1969年に生み出されて、家庭でカレーを食す人が爆発的に増えた1973年に発売されたそうで。スパイスの妙でしょう、お湯を注いだ瞬間のカレーの香りが魅惑的すぎる。近くで食べている人がいるとだめ。自分も食べたくなる。

ラッキー:ああ~わかる。学生の頃、学校帰りにコンビニの前で友だちと話してて、誰かがカップヌードルカレー食べると自分もつられて買って食べちゃいました。そのあと夕飯がお腹一杯になるけど後悔はしない。

盛田:それ大きい。たまにでかいカップ焼そばとか食いたくなるんですけど、食べたあとで「食いすぎちまった……」って後悔するんですよ、その点カップヌードルはカレーは後悔がない。

カップヌードルカレーにチーズトッピングも合う。

ラッキー:ブタメンとかお菓子みたいな麺の感じだけどまたちょっと違う。

盛田:そういえば、ノーマル、シーフード、カレーの中でカレーだけ少し麺が太いんですよね。だからあのふにゃふにゃ麺にカレースープがたっぷり染みて異様にすすりごたえある。

麺がノーマルカップヌードルよりちょっと太い。

――へえ。

盛田:カロリーは一番カレーが高い。ビッグじゃないサイズの場合ノーマルが一食(78g)351kcal、シーフードが一食(75g)351kcal、カレーが一食(87g)422kcal。保存食にもいいし、腹にたまる食糧という意味で無人島にもっていくのにも適している、きっと。

カロリーは定番三種の中でダントツ。

――ちなみに、ノーマル、シーフード、カレーの3つを混ぜて食べてもおいしいという説もあります。

盛田:嘘おっしゃいという気持ち半分でちょっと気になる。

ラッキー:ええ? それはカレーとかシーフードがもったいなくないですか。

盛田「カップヌードルカレーはカロリー面でギルティなのに食べて不思議と後悔しない。『むしゃくしゃしてやった。後悔はしていない』ってやつですね」

一生カップヌードルカレーを食べられなかったら絶対後悔する

――最後にまとめてください。

盛田:カレーを選ばないというなら一生食べなくてもいいでしょう。でも絶対後悔する。

ラッキー:シーフードヌードルはともかくとしてノーマルのカップヌードルを一番に選ぶ人のセンスはどうかしていると思います。

――
――

 ……以上、アスキー編集部のカップヌードルカレー好きの主張でした。偏った話が多かったですが、ともあれカップヌードルカレーは人を偏愛的にさせる強烈な魅力があることは間違いないです。話を聞いているうちにカップヌードルカレー、食べたくなってきました。

 人気ランキングではどうしてもノーマルのカップヌードルが一位になりますし、シーフードも強いですが、カップヌードルカレーはけして負けてはいません。カップヌードルカレーも最強! で、いかがでしょうか?

偏愛的なファンが多い。

■関連サイト

~飲食はエンターテイメントだ!~
アスキーグルメは「食べること好き」な人の遊び場。食についてのトレンドやユニークな情報をどんどん発信していきます。「新しく出たこのお弁当がスゴイ」「きのこたけのこに次ぐお菓子バトルが勃発している」などおもしろネタ、「グルメでこういう企画をやってほしい」といったご要望をお待ちしています。この記事の感想もお待ちしています。ネタ提供、要望、感想はぜひアスキーグルメのTwitterへ!
・アスキーグルメ公式Twitter:@ascii_gourmet


■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

カテゴリートップへ

もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧