このページの本文へ

テンキー付きとテンキーなしの2モデルをラインアップ

サンワ、立てて収納可能なコンパクトキーボード2モデル

2020年10月30日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SKB-KG2シリーズ

SKB-KG3シリーズ

 サンワサプライは10月30日、デスク上を有効活用できるコンパクトキーボードとして、テンキー付きの「SKB-KG2シリーズ」とテンキーなしの「SKB-KG3シリーズ」を発売した。

 カラーバリエーションはそれぞれブラックとホワイトの2色展開。価格はSKB-KG2シリーズが3740円、SKB-KG3シリーズが3520円。

SKB-KG2BKN2(ブラック)

SKB-KG2WN2(ホワイト)

SKB-KG3BKN2(ブラック)

SKB-KG3WN2(ホワイト)

 いずれもメンブレン式のキーボード。SKB-KG2シリーズはテンキー付きで103キーを、SKB-KG3シリーズはテンキーなしで86キーを搭載する。対応機種はWindows搭載パソコン。対応OSはWindows 7/8/8.1/10。

 本体サイズは、SKB-KG2シリーズがおよそ幅391.1×奥行き129.1×高さ27.5mm、SKB-KG3シリーズがおよそ幅306.4×奥行き129.1×高さ27.4mmというコンパクトサイズで、狭いスペースでの使用に最適とする。使用しない場合は本体を立てて収納可能なため、パソコン業務と同じデスクで勉強や読書などをしているテレワーク、在宅勤務の人にオススメとのこと。

 キーピッチは19mmを確保したほか、「ENTER」キーは大型化して押しやすくした。本体裏にはケーブルを中央・左右の三方向に固定する溝も備え、デスク上の環境に合わせて最適な場所を選んで使用できる。また、USB-PS/2変換アダプターが付いているため、PS/2ポートを装備するパソコンでも使用可能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン