• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

物語の中心となる登場人物の情報が公開

『ファイナルファンタジー16』ティザーサイト&メインビジュアルを公開!世界観や登場人物の情報も

2020年10月29日 19時00分更新

文● Zenon/ASCII

 スクウェア・エニックスは10月29日、PlayStation 5向けタイトル『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』のティザーサイトを公開した。

 ティザーサイトでは今作のメインビジュアルのアートとともに、クリスタルの加護を受ける世界観と、物語の中心となる登場人物の情報も掲載している。

『FINAL FANTASY XVI』公式サイト
https://jp.finalfantasyxvi.com/

以下、公式サイトより。

本作のメインビジュアル 主人公『クライヴ・ロズフィールド』

世界観

"ヴァリスゼア"――それは、クリスタルの加護を受けし大地。

 大地の方々に存在するクリスタルの巨塊"マザークリスタル"。その周囲に満ちるエーテルにより、国は栄え、人々は魔法を使い、安息の中に暮らしていた。各国それぞれが巨大なマザークリスタルを所有することで、ヴァリスゼアの情勢は、危ういながらも均衡が保たれていたのである……そう、世界が"黒の一帯"に蝕まれるまでは。

キャラクター

クライヴ・ロズフィールド

 ロザリア公国の第一王子にして本作の主人公。15歳。ロズフィールド大公家の嫡男として生まれるも、フェニックスのドミナントとして覚醒せず、その役目は弟のジョシュアが担うことになった。

 クライヴは剣の鍛錬を積み、御前試合にて実力でナイトの称号を得る。クライヴは正式にジョシュアの盾となり、"フェニックスの祝福"を与えられ、その能力の一部を使用可能となった。

 やがて彼は大きな悲劇に巻き込まれ、惨劇を引き起こした謎の召喚獣"黒きイフリート"を追う復讐者となる。


ジョシュア・ロズフィールド

 ロザリア公国の第二王子にして、クライヴの実弟。10歳。その身に召喚獣フェニックスを宿すドミナントである。

 兄のクライヴを尊敬し、貴族の生まれながら、分け隔てなく人に接する気さくさをあわせ持つ。武よりも書を好む性格で、病弱な自分よりも、兄クライヴがフェニックスを宿すべきだったと考えている。ニンジンが苦手。

 ジョシュアもまた、クライヴ同様に、大きな悲劇へと巻き込まれてゆく。


ジル・ワーリック

 ロズフィールド家に身を寄せる北部出身の少女。12歳。北部部族より和平の証としてロザリアに預けられ、クライヴやジョシュアとともに育ち、兄妹のような間柄になる。

 礼儀をわきまえ、クライヴやジョシュアを気遣う心優しい彼女は、二人の良き理解者である。

 

【ゲーム情報】

タイトル:FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)
プラットフォーム:PlayStation 5
ジャンル:アクションRPG
プレイ人数:1人
発売日:未定
価格:未定
CERO:審査予定

 
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう