このページの本文へ

McAfee Blog

ハロウィーンの不気味な(サイバー)脅威を回避しよう

2020年10月27日 15時30分更新

文● McAfee

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ハロウィーンの不気味な脅威を回避するには

 不気味な季節が迫っていますが、幽霊とゴブリンだけが影に隠れているわけではありません。オンラインの脅威も暗闇の中に潜んでおり、デバイスに出没する準備をしており、疑いを持たないユーザーにいくつかの魔術をかけようとしています。このハロウィーンシーズン、サイバーセキュリティーの研究者たちは私たちの中に仮想のゾンビと魔女を発見しました。削除された回数に関係なく死からよみがえる新しいトロイの木馬と、ユーザーのクレジットカードデータを盗むために悪意のある呪文を唱える悪意のあるコードです。

 これらの脅威の謎を解き明かして、サイバー恐怖を回避し、心配することなくオンライン生活を続けられるようにしましょう。

ゾンビマルウェアが影に隠れている?

 ゾンビと同じように、マルウェアは破壊するのが難しい場合があります。多くの場合、ユーザーはファイルをバックアップし、オペレーティングシステムを再インストールし、最初からやり直すことで、デバイスを完全にワイプする必要があります。しかし、これだけではデジタルウォーキング・デッドがデバイスに大混乱をもたらすのを防ぐのに十分ではない場合はどうでしょうか。

 最近、新しいタイプのトロイの木馬が、何度削除されても、死からよみがえりユーザーを悩ませています。このゾンビのようなマルウェアは、ユーザーのWindows 10スタートアップシステムに付着し、デバイスのハードドライブにマルウェアが見つからないため、システムワイプの影響を受けません。このステルスマルウェアはデバイスのマザーボードに隠れて、ユーザーがマルウェアを削除しようとするとマルウェアを再インストールするトロイの木馬ファイルを作成します。マルウェアは暗闇の中で自分自身をセットアップすると、ユーザーのプライベートドキュメントをスキャンして未知のホストに送信し、ユーザーのデバイスを恐ろしい状態にします。

サイバー犯罪者はクレジットカードユーザーを魔法にかけたままに

 ユーザーがこのハロウィーンに注意する必要があるのは、マルウェアの不幸だけではありません。サイバー犯罪者はまた、悪意のあるコードをワイヤレスプロバイダーのウェブプラットフォームに挿入し、ユーザーのクレジットカードデータを盗むために悪意のある呪文を唱えています。この邪悪な呪文を唱えているとされる魔女と魔法使いは、フィッシングの腕前で知られるMagecartスピンオフグループの一部です。この攻撃を成し遂げるために、彼らはクレジットカードスキマーをワイヤレスプロバイダーのチェックアウトページに配置しました。これにより、ハッカーは購入するたびにユーザーのクレジットカードデータを盗み出すことができました。これは破るのが難しい呪文です。

これらのサイバー幽霊が出現している理由

 これらの脅威は単なるハロウィーンのトリックのように見えるかもしれませんが、他の力が働いています。2020年7月のマカフィー脅威レポートによると、マルウェアフィッシングやトロイの木馬などの脅威は、ユーザーの在宅勤務、遠隔教育、友人や愛する人とのつながりなど、オンラインで過ごす時間が増えるにつれて、サイバー犯罪者にとって好機となることが証明されています。実際、McAfee Labsは、2020年第1四半期に1分あたり375の脅威を観察しました。

 このように、ハッカーたちはオンラインで過ごす時間が増加するユーザーに、彼らの技術を適応させ続けているため、必要な予防策を講じて心配することなくデジタルライフを送ることができるよう、人々が新たな脅威について自分自身を教育することが重要です。

保護された状態を維持する方法

 幸いなことに、これらの脅威がデジタルライフに影響を与えるのを防ぐために実行できる手順はいくつかあります。この不気味な季節にサイバーセキュリティーのトリックを寄せ付けないために、次のヒントに従ってください。

1. 不明な送信者からのメールに注意

 ゾンビマルウェアは、詐欺師があなたの個人情報やお金を盗むためにだまそうとするフィッシングによって簡単に拡散します。不明なユーザーからメールを受け取った場合は、慎重に進めることをお勧めします。メール内のリンクをクリックしたり、添付ファイルを開いたりしないでください。またメッセージを完全に削除しましょう。

2. アカウントを確認

 クレジットカードの口座や銀行の明細書を頻繁に調べて、誰かがあなたの財務データを不正に使用していないかどうかを確認します。銀行やクレジットカード会社が提供するトランザクションアラートにサインアップすることもできます。自分の記憶にない請求を見つけた場合は、すぐに関係当局に報告してください。

3. 包括的なセキュリティーソリューションを使用

 McAfee®TotalProtectionなどのセキュリティーソリューションを使用して保護の層を追加し、マルウェアやその他の脅威からデジタルライフを保護します。McAfee Total Protectionには、McAfee®WebAdvisorも含まれています。これにより、ユーザーは、危険なウェブサイト、リンク、およびファイルの明確な警告が発生する前に、攻撃を回避できます。

最新情報を入手

 日々のニュースからの情報収集は重要です。またデジタルの安全性を維持するための情報やマカフィー製品に関する最新情報、および最新の消費者向けおよびモバイルセキュリティーの脅威に関する最新情報を入手するには、Twitterで@McAfee_Home(US)または@McAfee_JP_Secをフォローし、ポッドキャストHackableをお聞きください。

※本ページの内容は2020年10月21日(US時間)更新の以下のMcAfee Blogの内容です。
原文:Trick or Treat: Avoid These Spooky Threats This Halloween
著者:McAfee

■関連サイト

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィーは大切なものを守ります。


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる