このページの本文へ

最大12チャンネルを1週間ぶん全録できるHDDレコーダー

すべてのレグザをタイムシフトマシン化できる全録HDD「D-M210」

2020年10月27日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝映像ソリューションズは10月27日、タイムシフトマシンハードディスク「D-M210」(2TB)を11月20日に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、店頭での販売価格は5万4000円前後(税別)になる見込み。なお、発売日までの期間、東芝 レグザ オンラインストアで、モニター販売を実施する。

 D-M210は、地上デジタルを6基、BS/110度CSを5基のテレビチューナーを備えている。最大6チャンネル、1週間分(約172時間)のタイムシフト録画可能となっている。タイムシフトリンク対応機種であれば、レグザのリモコンで操作できる。録画した放送済み番組は過去番組表から探して再生できる。放送中の番組も最初から楽しめる“始めにジャンプ”機能、好みの番組を探すのに便利な“ざんまいスマートアクセス”、短い時間で番組を視聴するための時短機能(らく見、らく早見、飛ばし見などの自動スキップ再生)などを持つ。

 さらにタイムシフトマシン内蔵レグザと組み合わせれば、最大12チャンネルをまとめて表示できる。また、録画した番組をスマホに持ち出す“スマホでレグザ”にも対応する。もちろん他社テレビとの組み合わせも可能だ。

 サイズは横幅285mmとコンパクト。本体サイズは幅285×奥行き208×高さ59mmで、重量は約1.8㎏。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン