このページの本文へ

ASCII Power Review ― 第101回

HUAWEI WATCH GT2 Pro実機レビュー = 2週間充電なしで心拍も睡眠もストレスも自動計測だっ!!-倶楽部情報局

2020年10月28日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「HUAWEI WATCH GT2 Pro実機レビュー = 2週間充電なしで心拍も睡眠もストレスも自動計測だっ!!」を紹介します。


 ファーウェイは、ハイエンドスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」(以下GT 2 Pro)、エントリースマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT」(以下FIT)を発売した。

 GT 2 Proは3万1800円(税別)から、FITは1万3800円(税別)と価格に差があり、また外観や機能性も異なっているが、GT 2 Proは最大2週間、FITは最大10日間無充電で利用できるロングバッテリーライフが最大の特徴だ。

 GT 2 Proを中心にレビューしつつ、FITの特徴についても触れていこう。

左がGT 2 Pro、右がFIT。「Apple Watch」はすべてのモデルでほぼ同じデザインを採用しているが、GT 2 Proは円形、FITは四角形とディスプレーの形状が異なっている

サファイアガラス、チタン、セラミックと
豪勢な素材で上質の作り!

 GT 2 Proは1.39インチの有機ELディスプレー(454×454ドット、326ppi)を搭載。本体サイズは約46.7×46.7×11.4mm、重量は約52g(ベルトを含まず)。材質はディスプレーがサファイアガラス、ボディーがチタン、リアケースがセラミック製だ。

 ラインナップは、フルオロエラストマーベルトのみを同梱するスポーツモデル(3万1800円)、それに加えてグレーブラウンカラーの本革レザーベルトを同梱するクラシックモデル(3万5800円)の2機種が用意されている。

本体部分はスポーツモデルとクラシックモデルでまったく同じ

裏面には光学式心拍センサーが内蔵されている

右側面には電源ボタンと機能ボタンが配置されている

付属品は無線充電クレードル、USB充電ケーブル (Type-A to C)、クイックスタートガイド、保証とアフターサービスのご案内

 一方、FITは1.64インチの有機ELディスプレー(456×280ドット)を搭載。本体サイズは約30×46×10.7mm、重量は約21g(ベルトを含まず)。ディスプレー、ボディー、リアケースの材質は公表されていない。

FITのディスプレーは縦長

GT 2 Proと同じく裏面には光学式心拍センサーが内蔵

ボタンはサイドボタンのみ。機能ボタンは搭載されていない

付属品は、充電クレードル付きUSBケーブル、クイックスタートガイド、保証とアフターサービスのご案内

 GT 2 ProとFITの価格差は大きいが、5ATM(50m)の防水性能、GPS/GLONASSによる測位方式などのスペックは同じ。ただしセンサーには差別化が図られており、GT 2 Proには加速度、ジャイロ、磁気、光学式心拍、環境光、気圧、装着検知の7つのセンサーが搭載されているが、FITは磁気と気圧センサーが省かれている。つまり方角や高度をFITは計測できないわけだ。

 また、ヘルスケア関連の活動量データ、心拍数計測、睡眠モニタリング、活動促進通知、ストレスモニタリング、呼吸エクササイズなどの機能は同じだが、ワークアウトモードはGT 2 Proが17種類搭載されているのに対して、FITは11種類に留まっている。ワークアウト目的ならGT 2 Pro、ヘルスケア目的ならFITが向いている。

ストレスも心拍も睡眠も自動計測
ついにワイヤレス充電にも対応


 続きは「HUAWEI WATCH GT2 Pro実機レビュー = 2週間充電なしで心拍も睡眠もストレスも自動計測だっ!!」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1311(2020年12月1日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1310(2020年11月24日発行)

  • 週刊アスキー No.1309(2020年11月17日発行)

  • 週刊アスキー No.1308(2020年11月10日発行)

  • 週刊アスキー No.1307(2020年11月3日発行)

  • 週刊アスキー No.1306(2020年10月27日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事