このページの本文へ

CORSAIR「VS500」、「VS600」

奥行き125mmのコンパクトな電源ユニットがCORSAIRから

2020年10月25日 02時03分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CORSAIRから、奥行き125mmのコンパクト設計となる電源ユニット「VS 2020」シリーズが発売された。ラインナップは500W「VS500」(型番:CP-9020223-JP)と600W「VS600」の2モデル。

奥行き125mmのコンパクト設計となる電源ユニット「VS 2020」シリーズ

 本体サイズ150(W)×125(D)×86(H)mmと奥行が短い80PLUS STANDARD認証のATX電源ユニット。低負荷時に回転を制御する120mm静音ファンを搭載する。

本体サイズ150(W)×125(D)×86(H)mmと奥行が短いATX電源ユニット

 ケーブルは直結式。+12Vはシングルレーン設計で、出力は500Wモデルが40A、600Wが48A。コネクター構成はATX 20+4ピン×1、ATX 12V 4+4ピン×1、PCI Express 6+2ピン×2、4ピンペリフェラル×2、SATA×6、4ピンFDD×1。製品保証は3年間。

 価格は500W「VS500」が6490円(税抜)、600W「VS600」が7370円(税抜)。パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中