このページの本文へ

aptX Adaptiveやヒアスルー急速充電など、充実した機能に注目

人気の完全ワイヤレス「FALCON」が「FALCON2」に進化、まだ珍しいTrueWireless Mirroring対応に

2020年10月23日 10時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エミライは10月23日、Noble Audioブランドの完全ワイヤレスイヤホン「FALCON2」を発表した。発売は10月30日、価格はオープンプライスで、店頭での販売価格は1万3900円前後(税別)。予約開始は10月23日。

FALCON2

 昨年10月発売で、推し家電大賞も受賞するなど高評価な「FALCON」の後継機種。接続性・音質・使いやすさを改善している。BluetoothのSoCは最新世代の「QCC3040」で、クアルコムの左右独立伝送技術“True Wireless Mirroing”や“aptX Adaptive”に対応する、まだ珍しい機種でもある。なお、QCC3040は通常ではaptX Adaptiveに対応しないが、クアルコムとの連携によるカスタム実装によって実現している。

QCC3040とTrue Wireless Mirroringの解説図

 また、True Wireless MirroringはAndroidデバイスだけでなく、iOS機器でも利用でき、バッテリーの片減りをなくせる。従来のTrue Wireless Stereo Plusのように限定したSoCとの組み合わせでのみ利用できるといった縛りがないのが特徴だ。

充電ケースに収納したところ

 加えて、電波強度を確保するためにアンテナ設計技術を改善。イヤホン装着時のアンテナの位置・角度を最適化し、かつFALCONの2倍の電波強度を確保している。

 新SoCの採用に合わせて音質面も再チューニング。最適なアコースティックダンパーの選定やQCC3040の特性に合わせたDPS(EQカーブ)の再調整を実施している。また、ドライバー自体の周波数特性も20Hz~24kHzに広がっている。

 ドライバーは、FALCON同様、イヤホンの中でも比較的高級機種が採用するDual-Layered Carbon Driveとなっている。樹脂層の上にカーボンファイバー層を重ねた特殊な2層構造の振動板を採用する。直径は6mm。比較的採用例が多い、グラフェンドライバーとの比較で歪みは約1/2に抑えている。

 さらに、外音取り込み機能にも対応したほか、無線充電にも対応した新充電ケースを採用している。ヒアスルー機能はボタン操作で起動できる。バッテリー容量は20%増加し、15分充電で2時間再生、60分充電で10時間再生が可能。イヤホンケースも90分でフル充電が可能となっており、イヤホンを4回分充電できる。

 従来機種同様、IPX7相当の防水対応。また、装着感が高く、落ちにくいePro audioの完全ワイヤレスイヤホン用イヤーチップ「Horn-Shaped Tips」を同梱している。「Noble Sound Suite」アプリ(後日FALCON2対応にアップデート、公開日未定)を利用して、機器の状態やボタン機能の変更が可能。また、新機能としてイヤホンのゲイン切り替えを変更する機能が追加される。

 イヤホン本体の重量は約5.5gで、充電ケースの重量は約51g。

 サポート面では紛失安心補償サービスとして、イヤホン本体の片側を紛失した場合、新品イヤホンと無償交換、充電ケースを紛失した場合、有償で充電ケースのみの購入が可能となっている。

NESTと組み合わせたところ

 なお、エミライダイレクトなどでFALCON2を予約すると、FALCON2用の無線充電パッド「NEST」が無料で付属するとのこと。予約受付期間は、10月23日~10月29日23:59まで。NESTを一般販売するかはいまのところ未定なので、気になる人はチェックしておくべきだろう。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン