このページの本文へ

フリップ式の強力3眼カメラで自撮りやVlogが可なハイエンド機、ASUS「ZenFone 7」国内発表

2020年10月21日 14時00分更新

文● オカモト/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUS JAPANは21日、SIMフリースマートフォンの新モデル「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」の2機種を発表した。発売日は10月23日で、予想実売価格は税抜8万5800円と税抜9万9800円。前年の「ZenFone 6」に続いて採用された、180度回転するフリップ式カメラが最大の特長で、5Gにも対応したモデルとなっている。

ZenFoneシリーズの新フラグシップ「ZenFone 7」が国内発売!

上位機には最速SoCのSnapdragon 865 Plus搭載
無印とProの違いはCPUとストレージ、カメラのOIS

 最近のZenFoneシリーズは、高性能なナンバーモデルに絞ってリリースされているが、今年の「ZenFone 7」についてもそれは同様。Snapdragon 865/865 Plusを採用するなど、極めて高い性能を持っている。

カラバリは2色で、ZenFone 7とZenFone 7 Proの外見上の違いは無い

 詳しいスペックについては順次説明するが、ZenFone 7とZenFone 7 Proの2機種の違いは、SoCがSnapdragon 865か865 Plusか、ストレージが128GBか256GBか(メモリーはともに8GB)、またProにのみ標準カメラと望遠カメラに光学式手ぶれ補正を搭載という点に限られている。外観は基本同じで、用意されるカラバリもともにオーロラブラックとパステルホワイトの2色となっている。

左がZenFone 7、右がZenFone 7 ProのAntutu 8でのスコア。ともに60万点台

極めて強力な3眼カメラをインカメラとして、
セルフィーや自撮り動画で使える 8K録画にも対応

 さて、本機の特徴的な機能となるとやはりカメラ。普段はアウト側に配置されたトリプルカメラが、モーターによって180度回転し、インカメラとしても利用できる。この仕組みにより、20:9の6.67型有機ELディスプレーにはノッチが一切無し。またフリップ機構は前モデルの2倍の20万回の耐久試験を実施。自由落下であれば、センサーがそのことを察知して、素早く閉じることで損傷を防ぐ。

フリップ型カメラにより、ノッチレスというのも大きなポイント

 カメラのスペックについては、メインがソニー製センサー「IMX686」を採用した6400万画素で、1200万画素の超広角、800万画素で光学3倍の3眼構成。前述したようにZenFone 7 Proにのみ、メインと望遠に光学式手ぶれ補正(OIS)と電子式手ぶれ補正の両方が搭載されている。

強力なトリプルカメラがインでもアウトでも利用できる

 ZenFone 7にしかない魅力となるのが、この高性能なカメラを自撮りにも活用できる点。超広角カメラでのワイドセルフィーを始め、8K画質でOISを活用した自撮り動画の撮影まで可能なスマホは初と言ってもいい。Vlog撮影用にも大いに威力を発揮するはずだ。

カメラの位置はソフトウェアの操作で途中で止めることも可能

 なお、このフリップ式カメラは任意の場所で止めたり、自動でのパノラマ写真が撮影できるのは前モデルと同じ。そうした部分でも他機種にはない活用法が考えられる。

こうして横向けに持つことで、端末を左右に動かさずにパノラマ写真を撮影できる

基本スペックも高く、ディスプレーは90Hz対応
トリプルスロットも◎

 そのほか主なスペックを見ていこう。ディスプレーは6.67型有機EL(20:9、1080×2400)で最大90Hzのリフレッシュレートに対応。メインメモリーは8GB(LPDDR5)で、ストレージは128GBと256GB。バッテリー容量は5000mAhで、最大30WのUSB PDによる急速充電に対応する。OSはAndroid 10。

急速充電が可能なACアダプターも付属

同じくパッケージに含まれていた専用ケース。この専用ケースにはカメラがフリップしないようロックできるノッチもある

 ネットワーク面についてはサブ6の5G対応。5G+4GのDSDVに対応するnanoSIMスロット×2にmicroSDスロットを組み合わせたトリプルスロット仕様なのはうれしい点。指紋センサーは側面の電源キーに内蔵されるタイプで、ダブルクリックでGoogleアシスタント、長押しで電源オフだが、両操作ともユーザーによるカスタマイズにも対応している。

トリプルスロットにより、SIMフリーならではのDSDVを最大限活用できる

前モデルでは背面にあった指紋センサーは側面に移動

 ハイエンド級の基本性能に非常に特徴的なフリップ式カメラ。ハイエンドのSIMフリースマホを求めるユーザー、インカメラでの写真や動画にこだわるユーザーにとっては注目すべき新製品だ。

横幅は約77.2mm、やや大柄ではあるが、ノッチレスの6.67型有機ELディスプレーで各種コンテンツも存分に楽しめる

  ZenFone 7 ZenFone 7 Pro
ディスプレー 6.67型有機EL(20:9、90Hz対応)
画面解像度 1080×2400
サイズ 約77.2×165×9.6mm
重量 約235g
CPU Snapdragon 865
2.84GHz(オクタコア)
Snapdragon 865 Plus
3.1GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 8GB
内蔵ストレージ 128GB 256GB
外部ストレージ microSDXC(最大2TB)
OS Android 10
対応バンド 5G NR:n1/2/3/5/7/8/12/20/28/38/77/78
LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19
/20/26/28/29/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/3/4/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDV ○(5G+4G)
無線LAN Wi-Fi 6
カメラ画素数 64メガ(標準)+12メガ(超広角)+8メガ(望遠)
バッテリー容量 5000mAh(最大30W充電対応)
生体認証 ○(指紋)
防水・防塵 ×
SIM nanoSIM×2
USB端子 Type-C
イヤホン ×
カラバリ オーロラブラック、パステルホワイト
発売時期 10月23日
予想実売価格(税抜) 8万5800円 9万9800円
 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン