このページの本文へ

自宅からのライブストリーミングやゲーム実況向け

SHURE、XLR/USB出力の配信向け高性能マイク「MV7」

2020年10月28日 00時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MV7ポッドキャストマイクロホン(ブラック)

 シュア・ジャパンは10月27日、Shure(シュア)ブランドより、XLR/USB出力を備え、高音質な配信を可能にする「MV7ポッドキャストマイクロホン」発表した。価格は3万1680円となる見込みで、11月2日に発売する。

MV7(シルバー)

 MV7は、マイケル・ジャクソンのベストセラーアルバム「スリラー」のボーカルレコーディングに使用された、レジェンドマイクの「SM7Bボーカルマイクロホン」にインスパイアされ設計されたダイナミックマイクロホン。カラーバリエーションはブラック・シルバーの2種類。

インターフェース

 自宅からのライブストリーミングやゲーム実況など、スタジオ以外の環境に向けた製品で、SM7Bを開発したエンジニアリングを活用し、使いやすさやコンパクトなデザインで高品質のオーディオを提供するという。USB出力とXLR出力の両方を装備し、PCに直接接続や、XLR出力を使用してプロフェッショナルインターフェースにも接続可能。タッチパネルを備え、手元からマイクゲイン、ヘッドホン音量、モニターミックス、ミュート操作をコントロールできる。

デスクトップ用アプリ「ShurePlus MOTIV」

 無償のデスクトップ用アプリ「ShurePlus MOTIV」で、MV7の追加機能が利用できる。オートレベルモードを有効にして、好みのボーカルトーンと用途に応じたマイクロホンから口元までの距離を選択するだけで、マイクロホン自身がリアルタイムにレベルを調整して、レコーディング、ライブ配信などあらゆる用途で出力レベルと音質を一定に保つ。マニュアルモードでは、マイクゲイン、モニターミックス、EQ、リミッター、コンプレッサー、プリセット機能(各種設定の組み合わせをプリセットとして保存し、呼び出せる)などを調整しながら自由にサウンドをコントロールできる。

 マイクロホンによって一定のレベルが調整され、サウンドが常に安定維持されるため、音声編集に必要な時間が減り、コンテンツ作成に集中できるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン