このページの本文へ

秒間1000行スクロール&横スクロールも可能

ロジクールの電磁石ホイール搭載小型ワイヤレスマウス「MX Anywhere 3」が10月29日発売!

2020年10月01日 17時30分更新

文● 高橋佑司/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジクールは10月1日、同社のフラッグシップモデルである「MX」シリーズの新製品ワイヤレスマウスとして、「MX Anywhere 3 コンパクト パフォーマンスマウス」(以下「MX Anywhere 3」)と「MX Anywhere 3 for Mac コンパクト パフォーマンスマウス」(以下「MX Anywhere 3 for Mac」)を発表した。発売日は10月29日で、ロジクールオンラインストアでの価格はどちらも1万780円。

 同社のMXシリーズの中でも、MX Anywhereは携帯性に優れたコンパクトなマウスシリーズ。前世代の「MX Anywhere 2S」から3年ぶりの刷新となる。本体は100.5(W)×65(D)×34.4(H)mmで、重量は99g。MX Anywhere 2Sからは7g軽量化している。

MX Anywhere 3(グラファイト)の外観

 今回のMX Anywhere 3は、昨年9月に発売された「MX MASTER 3」に新搭載された、MagSpeed電磁気スクロールホイールを採用。電磁石を使用した独自のスクロールホイールで、ゆっくり回すとカチカチとしたラチェット感があり精密な操作が可能だが、勢いよく回すと引っ掛かりのないフリースピン状態になり、秒間1000行もの高速スクロールが可能だ。

 今回MX Anywhere 3に搭載されるMagSpeedホイールは、MX MASTER 3のものから改良がくわえられており、ホイールのラチェット感の強弱などを調整可能になっている。ホイールの調整は、ユーティリティーソフトの「Logicool Options」でセッティング可能だ。

電流を制御してホイールの感触を変えるMagSpeed電磁気スクロールホイールを採用

MX Anywhere 3はラチェット感のカスタマイズが可能になった

 なお、「Logicool Options」では新たな機能として、「Microsoft Teams」「Zoom」といったビデオ会議アプリを使用している際、サイドボタンでビデオの表示/非表示、マイクのミュートなどの切り替え機能を割り当てられるようになっているとのこと。

「Logicool Options」でサイドボタンにビデオ会議アプリの機能を割り当てるプリセットが登場。ほかのアプリでもそれぞれ操作の割り当ては可能

 MX Anywhere 3では、MX MASTER 3のような水平スクロール用のサムホイールは搭載していない。しかし、サイドボタンのどちらかを押しながらホイールを回すことで、水平スクロール機能を活用することが可能だ。動画編集時のタイムラインを動かしたり、スプレッドシートを横にスクロールする際などに有用になる。

 マウスのトラッキングに関しては、最大解像度4000dpiのDarkfieldテクノロジーを採用。近年テレワークが増加した影響で、さまざまな材質の机などでマウスを使う機会が増えてきたが、光学式のセンサーでは精密なトラッキングがしづらいガラス面でも、問題なく使用できるとのこと(最低4mmのガラス厚が必要)。

 接続方式はBluetooth、もしくはUSB Type-Aで接続するUnifyingレシーバーによる無線接続だ。レシーバーは14.4(W)×18.4(D)×6.6(H)mm、重量2gと小型で、ノートPCなどに差しっぱなしにして持ち運んでもほとんど邪魔にはならない。裏面のボタンで、最大3台のデバイスへの接続を瞬時に切り替えられる。

 USB Type-Cによる急速充電に対応し、2時間のフル充電では、週5日・1日8時間の使用で最大70日間使用できるとのこと。なお、1分の急速充電でも3時間の利用が可能だという。

左がMX Anywhere 3、右がMX Anywhere 3 for Macのパッケージ。カラバリや同梱物が違う

 MX Anywhere 3とMX Anywhere 3 for Macの違いは、主にカラーバリエーションと内容物。MX Anywhere 3は、Unifyingレシーバーと充電用のUSB Type-A to USB Type-Cケーブルが付属。カラーはグラファイト/ペイルグレー/ローズの3色。

グラファイト

ペイルグレー

ローズ

 MX Anywhere 3 for Macは、Unifyingレシーバーが付属せず、充電ケーブルがUSB Type-C to USB Type-Cケーブルになっている。カラーはペイルグレーのみ。マウス本体の性能に関して違いはないとのこと。主なスペックは以下の通りだ。

MX Anywhere 3 MX Anywhere 3 for Mac
カラーバリエーション グラファイト/ペイルグレー/ローズ ペイルグレー
保証期間 2年
本体サイズ 100.5(W)×65(D)×34.4(H)mm
重量 99g
センサー方式 Darkfield
解像度 200dpi~4000dpi、50dpi刻みで設定可能(初期値 1000dpi)
総ボタン数 6
フル充電時間 2時間
電池寿命 公称最大70日(週5日・1日8時間の使用に基づく)
充電ケーブル長 130cm
操作距離 約10m
無線方式 アドバンス2.4GHzテクノロジー(Unifying対応)、Bluetooth
同梱物 製品本体、Unifyingレシーバー、充電ケーブルUSB Type-A to USB Type-C、保証書、保証規定 製品本体、USB Type-C to USB Type-C充電ケーブル、保証書、保証規定

■関連サイト

訂正とお詫び:タイプミスを修正しました。(2020年10月2日)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン