アスペクト比21:9の湾曲パネル搭載

MSI、湾曲率1500Rの34型ゲーミング液晶「Optix MAG342CQRV」

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Optix MAG342CQRV」

 エムエスアイコンピュータージャパンは10月1日、ゲーミングディスプレーブランド「Optix MAG」シリーズより新モデル「Optix MAG342CQRV」を発表した。発売日は10月8日で、価格は6万7000円前後となる見込み。

 本製品は、人気機種「Optix MAG341CQ」の後継モデル。性能はアスペクト比21:9湾曲パネル搭載の34型、リフレッシュレート100Hzで応答速度が1ms、解像度UWQHD(3440×1440ドット)、湾曲率1500Rとなり、より高い没入感を体験できるという。チラつきを抑えるアンチフリッカーとブルーライト軽減機能を搭載し、さらにチルト・高さ・スイベルの調整が可能。

 本体背面に鮮やかなLEDを搭載し、色や光るパターンを設定できる「Mystic Light」や、対応のグラフィックボードと組み合わせてカクつきやティアリング現象を抑制する「Adaptive-Sync」、暗いシーンや明るすぎる光を抑え視界を確保できる「ナイトビジョン」などゲーミングに特化した機能を搭載する。VESA75対応で、付属しているスペーサーネジを使用してモニターアームに取り付け可能。

VESA75対応

過去記事アーカイブ

2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月