このページの本文へ

一足先に5G対応の新モデル! グーグル「Pixel 5」「Pixel 4 5G」発表 第6回

グーグル「Pixel」は日中韓がしのぎを削る「5Gスマホ激戦区」で生き残れるか【石川 温】

2020年10月01日 14時05分更新

文● 石川 温 編集●飯島 恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Google ストアでのPixel 5の販売価格は7万4800円。10月1日から予約購入の受付を開始

Pixel 4aとPixel 4a 5Gは画面もSoCも異なる なぜ同じ型番?

 グーグルは、同社ブランドのスマホ「Pixel」において、5G対応の2モデルを発表した。発表されたのは「Pixel 4a(5G)」と「Pixel 5」で10月15日発売となる。国内ではGoogleのみならず、KDDIとソフトバンクが取り扱う。

 8月に4Gのみに対応したPixel 4aが発表された時から、これらのモデルの存在は明かされていた。秋に発売するとの告知があったが、今回、ようやくスペックや価格、発売日などが明らかにされたのだった。

 スペックを見てみると、若干、首をかしげたくなってくる。Pixel 4a(5G)はPixel 4aをそのままプロセッサやモデムを5G対応にしたのかと思いきや、なんと画面サイズが異なっている。もはや、同じ型番をつけるのがおかしく、まったく別物と思ったほうがいい。また、Pixel 5はハイエンドモデルになっているのかと思いきや、プロセッサはSnapdragon 765Gで、Pixel 4a(5G)と全く一緒だ。

 これまでのセオリーでいけば、ノーマルの数字を持つ型番はSnapdragon 800番台シリーズを搭載してハイエンドとして位置付け、数ヶ月後に「a」をつけることでプロセッサも安価なものを載せて「廉価版」として発売するのがPixelのパターンであった。

 今回はプロセッサは初めから普及価格帯のものを採用。Pixel 5とPixel 4a(5G)の違いは画面サイズ(Pixel 5の方が小さい)、防水、ワイヤレス充電、バッテリーシェア、メモリの量ぐらいしかない。ただ、価格面で見ると、Pixel 5が7万4800円なのに対して、Pixel 4a(5G)は6万500円。この価格差と性能差であれば、Pixel 4a(5G)の方がお買い得感があるようだ。

もうハイエンド路線は諦めてしまったのか

 グーグルとしては、もはやPixelではハイエンド路線は諦めてしまったのかもしれない。確かにシャープは最近「なんとなくハイエンドの終焉」というフレーズをプレゼンでも多用していて「ハイエンドはとことん突き抜けなくては生き残れない」として、AQUOS R5Gでは8Kカメラを搭載する一方、コストパフォーマンスに優れたAQUOS Senseシリーズで台数を稼ぐという二極化戦略が当たっている。

 確かに振り返ってみると、グーグルのPixelシリーズは究極の「なんとなくハイエンド」 だったように思うし、それであれば、方向転換してミドルクラスのコストパフォーマンスモデルで勝負を仕掛けた方が身のためなのは理解できる。ただ、Snapdragon 765、765Gを採用したスマホは今、激戦区だ。

 日本メーカーで見れば、シャープ・AQUOS zero5G BasicがSnapdragon 765Gを採用。さらに楽天モバイルの2機種目のオリジナルスマホで5G対応のRakuten BigもSnapdragon 765Gであり、価格は6万9800円(税込)となっている。また、Galaxyの普及価格帯シリーズとなる、Galaxy A51もSnapdragon 765Gだ。

 

 3月にサービスがスタートした時の5Gスマホといえば、各メーカーとも10万円を超えるハイエンドばかりであったが、夏を迎えた頃から様相が一変してきた。ZTE、OPPO、Xiaomiといった中国メーカーがSnapdragon 765Gを採用したスマホを4〜7万円程度の価格帯で販売。キャリア関係者によれば「中国メーカーであっても、それぐらいの価格帯の製品は初期ロットが完売するなど、評判がよく売れている」という。

 昨年10月に施行された改正電気通信事業法によって、端末の割引に対して上限2万円という金額が設定された。大盤振る舞いな割引ができなくなる中、「スマホに10万円以上は出せないけど、使い勝手は妥協したくない」と4〜7万円のゾーンの5Gスマホがよく売れているというわけだ。

 まさにグーグルは今回、日本、韓国、中国メーカーがしのぎを削る5Gスマホ激戦区に飛び込んできたわけだ。この秋、「5G祭り」が始まると言われる中、同じSnapdragon 765Gの中で、どのメーカーがシェアを拡大するのか。果たして、Pixelは個性を出して生き残れるのか。注目と言えそうだ。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン