このページの本文へ

ファイル印刷やサーバーやUSBドライブへのコピーを“社外/在宅環境でのみ”禁止できる

横河レンタ、データレスPCに「エンドポイントDLP」オプション追加

2020年09月30日 11時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 横河レンタ・リースは2020年9月30日、データレスPCソリューション「Flex Work Place Passage Drive」のオプション新製品「Passage Drive エンドポイントDLP」を発表した。テレワーク/在宅勤務などで社外に持ち出されるWindows 10 PCに情報漏洩防止(DLP)機能を追加し、PCセキュリティをさらに強化する。運用管理がシンプルな点も特徴。PC1台あたり月額300円(税抜)で、10月15日から提供を開始する。

「Flex Work Place Passage Drive エンドポイントDLP」の概要。PCの利用環境(社内/社外)に応じて、情報漏洩リスクとなるPC操作を許可/禁止できる

 Flex Work Place Passage Driveは、業務PC上ですべてのユーザーデータをクラウドストレージ(OneDrive for Business)にリダイレクト(自動保存)し、PC内に残さない仕組みを提供することで、情報漏洩リスクを軽減するPCセキュリティソリューション。2018年の提供開始以来、およそ1300社が導入しているという。

 今回のPassage DriveエンドポイントDLPは、このPCデータセキュリティをさらに強化するオプションとなる。セキュリティソフトウェア開発/販売を手がけるサイエンスパーク(神奈川県座間市)と共同開発された。

 具体的には、業務PCにおけるファイルの印刷/ファイルサーバーへのコピー/USBドライブへのコピーなどの操作を、IT管理者の設定に基づいて自動制御する機能を提供する。PCが社内環境で利用されているか否かを自動判別する機能も備えているため、社内/社外環境のそれぞれに応じて、個々の操作を許可/禁止できる。これにより、長期化/常態化が見込まれているテレワーク/在宅勤務時の情報漏洩リスクをさらに軽減する狙い。

エンドポイントDLPの設定ツール(ポリシーエディタ)画面

 こうしたPC操作の制御機能を提供する資産管理/DLP製品では、PCやユーザー/グループ単位での許可/禁止という設定が多い。Passage DriveエンドポイントDLPでは、これを一括設定としてシンプル化する一方で、社内/社外の自動判定による制御機能を加えたことで、IT管理者の運用負荷軽減と従業員の利便性向上を図っている。

 Flex Work Place Passage Drive エンドポイントDLPの利用価格(税抜)はPC1台あたり300円。オプション製品のため、Flex Work Place Passage Driveの利用が前提となる。Passage Driveの利用価格は1台あたり500円(別途OneDrive for Businessの契約が必要)。

カテゴリートップへ

ピックアップ