このページの本文へ

中国が60年までにカーボンニュートラル、石炭発電所の新設は続く

2020年09月29日 06時38分更新

文● James Temple

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

中国は、2060年までにカーボンニュートラルを達成する計画を発表した。世界最大の気候汚染国家であり、現在も石炭火力発電所を次々と建設している中国の発表を鵜呑みにはできないが、より厳しい温室効果ガス政策の導入に向けて動いている可能性はある。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ