• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

シリーズ20周年記念「真・三國無双8 Empires」、スマホ版「真・三國無双」を発表

2020年09月28日 09時30分更新

文● 佐藤ポン 編集●ASCII

 9月27日、コーエーテクモゲームスは「TGS2020コーエーテクモ特別番組『真・三國無双』20周年記念番組」を配信し、新作タイトルを発表した。

 今回発表されたのは期待の新作『真・三國無双8 Empires』。対応機種はPlayStation 5、PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox Series X、Steamで、発売日は2021年上半期を予定している。さらにもうひとつ、スマホ用「真・三國無双」も合わせて発表された。本稿では番組の様子をレポートする。

「真・三國無双」20年の歴史を振り返る

 15時の放送開始時刻になると、20周年を記念して作られた「真・三國無双」の映像が紹介された。これまでに発売してきた「真・三國無双」シリーズが次々に映し出され、いかに息の長いシリーズかがわかる内容だった。

 番組本編がスタートすると、まずは登壇者の紹介から。シリーズプロデューサーの鈴木亮浩さんは、一作目からディレクター兼プログラマーとして開発に関わり続けている人物。そしてもうひとり、ファミ通グループ代表の林克彦さんは、これまでの無双シリーズを見続けてきた人物。自身も本作が大好きなようで、「ユーザー代表として来ました」と謙虚にコメントした

 ひとつめのコーナーは、「真・三國無双」の歴史を紹介。20年の歴史を年表にまとめて紹介されたのだが、とても1ページに収まる量ではない。途切れることなく発売し続けている様は、大人気シリーズならでは。

 このコーナーでは、林克彦さんが2000年3月に発売された雑誌「ファミ通」を持参してきた。この号は「真・三國無双」が初めて誌面に登場した貴重な一冊だ。「初出は小さなニュース記事だった」と誌面を紹介し、当時の思い出を語った。

 続いてのコーナーは、フォトコンテストの結果発表。これはユーザーが好きなシーンをコメントと共に応募するファン参加型企画で、事前に公式サイトで募集を行っていた。本日、優秀賞5名と最優秀賞1名が決定する。

 まずは優秀賞の発表から。鈴木プロデューサーはファンのコメントを読みながら、選考理由を解説した。

 そしていよいよ、最優秀賞の発表。最優秀賞に選ばれたのは、「真・三國無双7 Empires」のワンシーンを応募した狐狗狸さんの作品。鈴木プロデューサーは「こだわりのエンディングシーン」と評していた。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう