このページの本文へ

MSI「MAG A520M VECTOR WIFI」

無線LAN標準装備で1万円を切るMSIのRyzen対応マザーボード

2020年09月26日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Socket AM4向けエントリーチップセット「AMD A520」を搭載したマザーボード「MAG A520M VECTOR WIFI」が、MSIから発売された。価格は9900円。

「AMD A520」を搭載したマザーボード「MAG A520M VECTOR WIFI」。1万円を切る価格ながらWi-Fi 5を備える

 GAMINGマザーボード「MAG」シリーズの製品で、AMD Ryzen 4000G APU「Renoir」対応のMicro ATXモデル。安価ながら、拡張型ヒートシンクやWi-Fi 5を備えているのも特徴だ。

 基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×2(DDR4-4600、最大64GB)。

Gen 3ながらヒートシンク付きのM.2スロットも1基備える

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)、Wi-Fi 5 (IEEE 802.11a/b/g/n/ac)+Bluetooth 4.2、サウンド(Realtek ALC892 8CH HD Audio)、M.2×1、SATA3.0×4、USB 3.0×6、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力機能としてSingleLink-DVI-DとHDMI 2.1を備える。

 販売しているのは、パソコンショップアーク、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中