• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

セガ、PSO2の大型アップデートの新作『PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS』を実機映像などを交えて公開!

2020年09月26日 00時50分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

 セガは、セガ・アトラスTGS2020のオンライン生放送「セガ・アトラスTV」にて、9月24日のマイクロソフト社のオンラインカンファレンス「Xbox Games Showcase」において発表された新作『PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS(ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス)』(以下PSO2:NGS)の最新情報を実機映像を交えて公開した。

『PSO2:NGS』は、今年の12月でシリーズ20周年になるファンタシースターオンラインシリーズの最新作。2012年7月にサービスを開始した『PHANTASY STAR ONLINE 2』(PSO2)が、2021年の超大型アップデートにてPSO2:NGSとしてサービス開始する予定。

 PSO2:NGSは、『PSO2』の1000年後の世界が舞台。進化したグラフィックエンジンにより、キャラクターモデルのスペックが大幅に向上し、より自由度の高いキャラクタークリエイトが行なえるとのこと。

『PSO2:NGS』は広大なオープンフィールドで爽快なアクションバトルが楽しめる

旧『PSO2』と『PSO2:NGS』は、ひとつのゲーム内に共存。同じキャラクターでどちらの世界にも自由に行き来できる。基本プレイは無料

 キャラクタークリエイトで選べる種族は4種族。人に近い見た目の「ヒューマン」、尖った耳が特徴的な「ニューマン」、機械の体が特徴的な「キャスト」、そして今回の放送では映像の用意がなかった角やオットアイが特徴な「デューマン」も使用できるとのこと。

グラフィックは大幅に向上している

 また、PSO2シリーズのコンセプトのひとつ無限の冒険がさらに進化。MOとMMOの良さをハイブリッドすることで生まれたオープンフィールドを舞台に広大な世界を冒険できる。

 旧PSO2では1つ1つのエリアが独立していて閉じられていたが、『PSO2:NGS』ではエリアとエリはシームレスに移動でき、世界の広がりを感じながら冒険できるという。

今回の映像では、草原や森といったフィールドのみが紹介されたが、アップデートにより行ける場所がどんどん増えていき、最終的には目に見える場所すべてを自分の足で行くことができるようになるそうだ

 冒険エリアはある程度の広さごとにセクションという単位で区切られているが、セクション間もシームレスに移動が可能。同一セクション内で遊べる人数は最大8人だが、シームレスに移動していく中で、自動的にマッチングが行なわれるため、多くのユーザーと一期一会のマッチングができるようになっている。

時間が進むとリアルタイムに昼夜が変化したり、天候も変わるとのこと

 セクションには素材集めがメインとなる「探索セクション」と、エネミーとの戦闘がメインとなる「戦闘セクション」の2種類が存在する。探索セクションで入手した素材は、一時的にプレイヤーの能力を上げる料理などに使用できるとのこと。

『PSO2:NGS』では「ダッシュ」と「グライド」といった2種類のアクションも追加。

ダッシュは回避アクションから移行でき、高速に移動が可能。ダッシュ中は二段ジャンプの高さも上がる

グラインドは高所から移動できるアクション。高所からゆっくりと下りながら移動できるため、より遠くまで移動できるそうだ

 

 また、回復アイテムはショップなどで購入するのではなく、フィールドにある「レスタサイン」と呼ばれるオブジェクトをを入手すれば、回復回数が増加。移動中に足を止めることなく、好きなタイミングで回復できる。

 本作で選べるクラスは、基本となる「ハンター」、「レンジャー」、「フォース」が紹介された。ハンターは近接武器のソードを使用して戦うクラス。通常攻撃とフォトンアーツと呼ばれる必殺技を使うところまでは旧来と同じだが、通常攻撃は最大5段まで発生し、5段目はフォトンアーツ並みに威力が上がっている。

 さらにガードも可能になった。ガードを行なった後に通常攻撃ボタンを押すと、5段目と同じ威力のカウンター攻撃になるため、相手の攻撃を活かした攻防一体の戦闘が行なえるとのこと。

『PSO2:NGS』では通常攻撃後にタイミング良く次の攻撃を入力すると行なえた「ジャストアタック」がなくなったため、ジャストアタックに囚われない戦闘が行なえるという

 レンジャーはアサルトライフルを使って遠距離攻撃を行なえるクラス。エネミーとの適正距離を維持することで、高いダメージを出せる。また、素早いステップをしながら攻撃を行なう「スライドショット」にて、エネミーとの距離を保ちながら戦えるそうだ。

 フォースはテクニックと呼ばれる魔法のような遠距離からの属性攻撃が得意なクラス。フォースの装備武器ロットは、テクニックを使うことで、複数の属性攻撃が行なえる。『PSO2:NGS』ではノンチャージとチャージでテクニックの性能も変わるという。

 本放送では、エネミーとの戦闘も映像で紹介。エネミーはランダムで出現するが、エネミーがいる場所には「Eマーク」が表示されるため、それらを目標に進むことで他のプレイヤーと足並みをそろえられるという。

『PSO2:NGS』では、すべての回避アクションが「ステップ」に統一され、ステップ後に攻撃をすると「ステップアタック」が発動し、素早く攻撃に移れる。さらに敵の攻撃をかわした後に「ステップアタック」を発動すると、強力なカウンターになるという。

 エネミーを倒していくと、一定確率でPSO2でいうインタラクティブイベントである「トライアル」が発生、トライアルが発生している場所はPマークで表示される。そのトライアルをこなしつつ、最後に登場したボスを倒すとこまでが紹介された。

エネミーは、「ドールズ」、「アルターズ」といった複数種類が登場。画像はボスエネミーの「ナグルス」。「ナグルス」は両腕の攻撃と機動力の高さが強力なエネミー

一定以上ダメージを与えると怒り状態になり、さらに攻撃が強力に

 エネミーは種族ごとに弱点部位や弱点属性もある。弱点属性で攻撃することで属性ダウンさせることもできるので、そうした弱点を攻める戦略性も楽しめそうだ。今後の情報にも期待したい。

【ゲーム情報】

タイトル:ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス
対応機種:PlayStation 4、Windows PC、クラウド版(Nintendo Switch、Windows PC)
サービス時期:2021年予定
価格:基本プレイ無料(一部有料アイテムあり)
ジャンル:オンラインRPG
プレイ人数:1人(最大12人協力プレイ)
CERO表記:C(15歳以上対象)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう