このページの本文へ

大和の技術者魂と日本の伝統技術で実現しました!!

レノボが世界初の2つ折りモバイルPC「ThinkPad X1 Fold」発売 = 実機写真レポート

2020年09月29日 11時00分更新

文● みやのプロ(@E_Minazou) 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは29日、世界初の2つ折りディスプレイを搭載したモバイルPC「ThinkPad X1 Fold」を発表した。直販価格は39万9800円(税込)で10月13日から販売を開始する。

 ボディは完全に2つに折れるデザインで、持ち歩くときはA5判+サイズなのに、完全に開くと13.3インチのタブレットPCに、半分折り曲げて使うときには9.6インチ2画面のクラムシェル型ノートと、変幻自在な構造が最大の特徴である。

ディスプレイが真ん中で折れて変身する

畳めばハンドバッグにも入るA5判+サイズになる。

大和の技術者が日本の伝統技術で実現した
世界初の2つ折りモバイルPC

「小さく持ち歩いて、大きく使う」がコンセプトだ

 注目のディスプレイ部分は、全開で13.3インチのOLED(有機EL)で、レゾリューションはQXGAの2048×1536ドット。つまり4:3という、正方形に近いカタチである。

 最高輝度は300nitで、発色はDCI-P3規格の95%カバーで、10点マルチタッチと、ペンによる入力が可能だ。

 実際に量産直前の最終サンプルを触ってみたが、ディスプレイの曲げ・伸ばしは非常に精密な動きで、信頼性を感じるとともに、癖になる感触である。

 日本では、専用キーボード(日本語配列)とスタイラスペンが付属する。

これが開いて、横位置に立てた状態。13.3インチのノートPCと同じだが、画面は4:3で四角い。

外皮の一部がめくれて、スタンドになり「自立」する仕組みは便利だ。

 このキーボードがまたよくできていて、2つ折りにするときにOLEDの間にピッタリと挟まってくれる。この状態で、無接点のワイヤレスで、本体からキーボードへの充電が行われる。

残念ながら日本では日本語キーボードしか選べませんが、キートップにカナ刻印はないのでスッキリしていますね。

キーボードを挟んだまま2つ折りにするとこうなります。キーボードにはmicroUSB端子とスイッチがあります。

正面下には電源スイッチとボリューム、上側にはType-C端子があります。

左にはType-Cが一つで、キーボードについているゴムバンドはペンホルダーです。

 タブレット状態からディスプレイをまげて、キーボードを設置するときは、磁石で片側にのみくっつくようになっている。その際、PCは画面のタスクバーを自動的にうえに移動して、半分の画面の、いわばクラムシェル状態となる。

キーボードを画面に置くと(磁石で吸いつく感じ)、タスクバーがキーボード上まで自動で動きます。

 キーボードなしで、クラムシェル利用するときは、画面にソフトウェアキーボードを出してタイピングも可能。また、上下2画面として使うか、折れた1枚のフル画面として使うかも、常駐ソフトですぐに切り替えられる。

キーボードを取り去るとこの状態で、ソフトキーボードを表示させてタッチ入力もできます。

 本体サイズは開脚時が299.4×236×11.5mmで折りたたみ時が158.2×236×27.8mmと、A5判(148×210mm)の厚めのハードカバーを持ち歩く感じだ。重量はボディが973gでキーボードが173gなので、合計では1146gとちょっとズシリとなる。

 2つ折りの実現には、もちろんフレキシブルのOLEDが主役だが、それを下支えする板にはピッチ系カーボンを使っており、また、ヒンジ部には日本の伝統技術の三軸織物の構造を使い、正六角形による柔軟性と強度を実現しているという。さらにメイン基板の実装には、寄せ木細工のしくみを応用して薄さを実現している。

開閉に従って、裏側の「外皮」と本体がスライドする仕組みです(クリックして拡大してみてください)。

このOLEDの後ろを支える板がピッチ系カーボンでとても硬くて曲がりません。

こちらがヒンジ部をカバーする三軸織物構造のパーツです。

容易に曲がりますが、強いんです。

インテルのLakefield搭載で超小型化と省エネを実現
WWANは5Gを選択可能

Foldの内部構造図(LenovoHPより)

 CPUは6月に正式発表となったコードネーム「Lakefield」こと正式名「Intel Core Processor with Intel Hybrid Technology」で、リリースでは明記されていないが、「Core i5-L16G7」である。

 正式名からわかるとおり、通常のCore iシリーズとは異なり、メインメモリーまで12×12mmのパッケージに3D実装しているのが特徴で、省スペースかつ省電力なPCに向けたCPUである。

右がOLEDを取り去った本体内の構造。写真の下半分はバッテリーで、上半分に基板やファンがある。写真左に並んでいるのはメイン基板(中央)と、それを上下で挟む放熱系パーツである。

 Core i5-L16G7は5コア/5スレッドでベースクロックは1.4GHz、ターボブースト時は最大3GHzで動作する。TDPは7Wと、低消費電力だ。

 名前のG7からわかるとおり、内蔵グラフィックスはIceLakeと同じUHDグラフィックスで実行ユニットは64個搭載し、なかなかパワフルそうである。

 メインメモリはこのCPUに内蔵の8GBで、ストレージは512GBをM.2で搭載している。

 無線はWi-Fi 6やBluetooth 5.0に加えて、後日にはなるが5Gモデムを選択できるようになる。これからのモバイルPCとして有難い設定だ。

 インターフェイスはUSB Type-C×2のみと非常にシンプルで、5GモデルにはSIMカードスロットがつく。

 バッテリー容量は50Whで、駆動時間はJEITA2.0基準で11.7時間である。ACアダプターは65W出力のスリム型で、Type-C端子に接続し、高速充電も可能である。

開脚時はディスプレイ上部にあるカメラは、クラムシェル時には右側に来る。

クラムシェル時手前には、マイクが4つ設置されている(小さい穴)。

 ThinkPad(というか大和研究所)は、かの有名なバタフライキーボードのように、昔から、小さく持ち歩いて、大きく使うという様々な工夫を実現してきた。X1 Foldももちろん大和のみなさんの創意と工夫のかたまりである。全部入りでちょっと高価だが、ぜひ触って、折り曲げてみてほしい。絶対欲しくなるのだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン