このページの本文へ

NVIDIA「GeForce RTX 3090」

GeForce RTX 3090搭載ビデオカードの販売がスタート

2020年09月25日 02時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAの新ハイエンドGPU「GeForce RTX 3090」を搭載したビデオカードが24日22時に解禁。秋葉原では夜間販売が行なわれた。実施したのはTSUKUMO eX.、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店の3店舗。

24日22時に解禁されたNVIDIAの新ハイエンドGPU「GeForce RTX 3090」を搭載したビデオカード

 「GeForce RTX 3090」は、Ampereアーキテクチャーを採用した新世代GeForce。RTXシリーズとされているが、スペック的にはTITANシリーズの後継とされるハイエンドGPU。1万基以上のCUDAコアと24GBものGDDR6Xメモリーを備え、価格も約20万円と非常に高価だ。なお、製品のパフォーマンスについては「GeForce RTX 3090 FE降臨!TITAN RTX/RTX 3080 FEと8Kゲーム対決」を参照してもらいたい。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は昼過ぎには行列ができ始めた。いつもは店内のレジで販売するが、今回は店頭で販売する新しいスタイルだった

 発売されたのは、ASUS、GIGABYTE、MSI、Palit、ZOTAC、玄人志向から計8モデル。いずれもメーカーオリジナルファンを搭載した製品だ。事前に抽選を実施したドスパラ秋葉原本店とTSUKUMO eX.では粛々と販売が行なわれた。一方のパソコン工房 秋葉原BUYMORE店は先着順の販売ということもあり24日の日中から行列ができる盛況ぶりだった。

事前に抽選を実施したTSUKUMO eX.。台風が接近中だったため当選者は週末まで取り置き可能ということで、本日は数名が購入。静かな解禁となっていた

TSUKUMO eX.の入荷数は10本。今後の再入荷については未定だ

 製品の特徴と価格は以下の通り。25日には開店と同時に販売するショップ(パソコンショップアーク、ソフマップ、ツクモパソコン本店など)もあるようだが、しばらくは品薄の状況が続きそうだ。

ASUS「TUF-RTX3090-24G-GAMING」。ミファンレス仕様2.7スロット占有トリプルファンクーラーとバックプレートを採用。価格22万9799円

MSI「GeForce RTX 3090 GAMING X TRIO 24G」。セミファンレス仕様3スロット占有トリプルファンクーラーとバックプレートを採用。価格23万6500円

GIGABYTE「GeForce RTX 3090 EAGLE OC 24G」。右の製品の下位モデルで価格21万4478円

GIGABYTEのWINDFORCE 3Xクーラー採用モデル「GeForce RTX 3090 GAMING OC 24G」。価格21万8878円

Palitからはノーマル版「RTX 3090 GP 24G GDRX6」(21万5969円)とOC版「RTX 3090 GP OC 24G GDRX6」(21万8269円)が発売中だ

セミファンレス仕様2.5スロット占有トリプルファンクーラーを採用する「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3090 Trinity」。価格は22万4950円

玄人志向「GG-RTX3090-E24GB/TP」。付属の1-Clip Boosterをバックパネルに取り付け可能。価格は21万2278円

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中