このページの本文へ

ドコモ、ミリ波の5Gサービスを9月23日に開始

2020年09月18日 22時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、28GHz帯を用いた5Gサービスを9月23日にスタートすることを発表した。開始時点での通信速度は下り最大4.1Gbps、上り最大278Mbps。今冬以降に上り最大480Mbpsに高速化予定。

ドコモの5G対応モバイルルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」

 対応端末は、当初はシャープ製のモバイルルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」で、今冬以降のソフトウェアアップデートにより、「arrows 5G F-51A」「Galaxy S20+ 5G SC-52A」も順次対応予定。

 現時点のドコモの5Gサービスで用いられているのは、「サブ6」とも呼ばれる、3.7GHz帯と4.5GHz帯の2つ。より広い周波数帯が利用可能なミリ波のサービス開始で、さらに高速な通信が可能になるとしている。なお、ミリ波のサービスも現行の5G向けプランで利用可能。

 対応エリアは2020年9月末時点で、164ヵ所。詳しくはドコモのサイトを参照していただきたいが(https://www.nttdocomo.co.jp/area/5g/)、東京周辺では羽田空港の第1第2ターミナル、成田空港第3ターミナル、渋谷スクランブルスクエアなど。そのほかも主要ターミナル周辺やスポーツ施設などが目立つ形となっている。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン