このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Apple Watch 6に新デザインのiPad Air! 秋のアップル発表会第1弾

覇道を歩み始めたApple Watch。すべての人のためのウェアラブルデバイスに

2020年09月18日 19時20分更新

文● 本田雅一 編集●飯島恵里子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルはApple Watchを順当に進化させたApple Watch Series 6を投入。血中酸素ウェルネスセンサーを搭載し、利用者の健康に関するデータを取得する新たな方法が盛り込まれた。

 Apple Watchはこれまで、外観デザインを一度しか変更していない。Series 4以降の毎年のアップデートは派手なものではないが、一方でApple Watchはこの業界を、控えめに言っても"席巻"している。

 iPhoneとしかペアリングできないという制約があるにもかかわらず、腕時計の世界で一番のメジャープレーヤーになってしまった。昨年の販売数は3070万本にのぼる。今年春に発表された統計で、スイスの腕時計メーカーすべての販売数が2110万本となり、はじめてApple Watchが上回ったことが話題になったばかりだ。

 しかし、伝統的な腕時計が毎年、出荷本数を減らしているのに対し、Apple Watchに代表されるスマートウォッチは増加を続けている。しかも、参入するメーカーが増えているにもかかわらず、Apple Watchのシェアは伸び続けて50%を超えてしまった。

 このような状況の中で、Apple Watchはまさに"我が道を行く"進化とラインナップの展開を見せている。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中