このページの本文へ

ジャイアン鈴木のスイフトスポーツで駆け抜ける! 第10回

7.7万円でスイフトスポーツをパワーアップできる「フラッシュエディター」を試してみた

2020年09月19日 15時00分更新

文● ジャイアン鈴木(@giansuzuki) 編集●ASCII 車両協力●スズキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回の記事(HKSのフルチューニング「スイフトスポーツ」試乗! もはやスーパーカーだ!)でHKSがチューニングを施した「スイフトスポーツ」のデモカーに試乗し、衝撃を受けましたが、パーツ代だけで102万5800円(税抜)と聞き、ショボーンとしておりました。そんなときに、HKSの方から見せていただいたアイテムが、ミドルハイスマホ相当の7.7万円でスイフトスポーツをパワーアップできるデバイス「フラッシュエディター」。これならスマホ1台諦めれば買えますね!

HKS「スイフトスポーツ(ZC33S)用フラッシュエディター」7万7000円(税込)

車両に装着するだけで
車のコンピューターを書き換えできちゃう!

 本製品は、スイフトスポーツのECU(Electronic Control Unit)を書き換えるためのデバイス。初回のみ初期設定作業が必要ですが、それ以降はフラッシュエディター本体を車両のODBIIコネクターに接続するだけで、ECUにカスタムデータを書き込んだり、ノーマルデータに戻すことが可能なんです。

 カスタムデータはノーマル車用と、「GTIII-FX スポーツタービンキット」装着車用が用意されており、ノーマル車用でも、最高出力が103.2kW (140.8PS)から117.0kW (159.1PS)に、最大トルクが235.7Nm (24.0kgf・m)から275.2Nm (28.1kgf・m)へとググーンっとアップします。スイフトスポーツは970kgと軽量なので、このパワーアップは効果大ですよね。

 なお、ノーマル車用カスタムデータはふたつ用意されており、「PHASE 1」はスピードリミッターの変更(300km/h)のみ、「PHASE 2」はスピードリミッターの変更(300km/h)とレブリミットの変更(6000rpm⇒6300rpm)、ブーストアップが施されています。

ECUの書き換えは
スマホにカスタムROMを焼くよりカンタンかも

 というわけで今回、HKSの協力を得て、実際にフラッシュエディターの効果を試してみました。まずはセットアップ手順からご覧ください。

※フラッシュエディターは個人で購入でき、自分でECUを書き換え可能ですが、筆者や編集部、HKSがそれを推奨するものではありません。少しでも自信のない方はチューニングショップに必ず依頼してください。

これがODBIIコネクター。ハンドルの下にあります

フラッシュエディターをODBIIコネクターに接続します

2回押してイグニッションをオンにして10秒待ちます。エンジンをかけてはいけません。ライト、エアコン、ラジオなどは念のためにすべてオフにします

ECU ID(番号)を取得するため、「ECU READ」を選択してから、つぎの画面で「READ START」を押します

「READ COMPLETED PLEASE IG OFF」という文字が表示されたら、ECU IDの取得完了。イグニッションボタンを1回押して、イグニッションをオフにしたら、フラッシュエディターをいったんはずします

ここからはPCの作業。フラッシュエディターをmicroUSBケーブルでPCにつなぎ、同梱のUSBメモリーをPCに挿します

USBメモリー内の「SUZUKI_ZC33S_InitializationTool.exe」を実行します

ノーマル車なら左の「T/C」、「GTIII-FX スポーツタービンキット」装着車なら右の「GT3」をクリックします。その後、確認メッセージが2回出るので「OK」を押すと、フラッシュエディターへの書き込みが始まります

このときUSBメモリー内のノーマルデータとカスタムデータがフラッシュエディターへ書き込まれています。ゆっくり待ちましょう

「初期化が完了しました」という確認ウインドーのあと、「本体からUSBを抜いてください」というメッセージが表示されたら、フラッシュエディターとUSBメモリーをはずします。これでPCの作業は完了です

再度車に戻って、前回と同じく、フラッシュエディターをODBIIコネクターに接続し、2回イグニッションボタンを押してイグニッションをオンにして10秒待ちます。そして満を持して、「ECU ReFLASH」を選択します

つぎの画面で「PHASE 2」を選択します

最後に「WRITE START」を押せばカスタムデータの書き込みがスタートします

「WRITE COMPLETED PLEASE IG OFF」のメッセージが表示されたら書き込み終了。イグニッションボタンを1回押して、イグニッションをオフにしたら、フラッシュエディターをはずします

 作業自体はAndroidスマホにカスタムROMを焼くより簡単だなあ……と思いました。ただし、フラッシュエディターを装着している間はエンジンをかけない、ライト、エアコン、ラジオを消しておく、書き換え作業中にフラッシュエディターを取り外さないことは厳守してください。ECUが破損して、走行できなくなる可能性があります。

7.7万円のチューニングとは思えないほどの効果!

 さて、「PHASE 2」のカスタムデータに書き換えたスイフトスポーツですが、7.7万円ポッキリのチューニングとは思えないほど生まれ変わったというのが正直な感想。ノーマルのスイフトスポーツに不満はなかったのですが、乗り比べてみると全域で加速感が大幅に増しており、グイッとアクセルを踏めば6300rpmまで一気に吹け上がります。

 それでいてドッカンターボ的な扱いにくさはなく、アクセルワークに機敏に反応してくれます。2、3速で高回転まで回して走るのがすっごく楽しいです。現代の車はコンピューターチューニングだけで、これほどまでに車の性格、性能が変わるんですねえ。

 もちろん絶対的なパフォーマンスは前回のフルチューンドデモカーのほうがはるかに上です。でも、フラッシュエディターはチューニング入門に最適であり、なおかつ多くの人にとっては「PHASE 2」で十分満足できるはずです。

車両の修理や車検、売却などの際に、いつでもECUをノーマルデータに戻せるのがフラッシュエディター最大の売りです

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ