このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

新車を買った情報2020 第62回

マツダ ロードスターRF洗車道 プロ用高圧洗浄機は危険な沼だ

2020年09月14日 12時00分更新

文● 四本淑三 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新車を買った情報2020、私は四本淑三です。今回の話題の中心といたしますのは、私のロードスターの洗車に欠かせないものとなった、高圧洗浄機に使うプロ用高圧ホースであります。

 それロードスター全然関係ないやん! はいその通り! しかし、高圧ホースを替えるだけで、お手持ちの高圧洗浄機がプロ仕様になるという、お得な情報です。あれこれ訝しがりながらお読みください。

 ケルヒャーK2クラシックの代替機として、リョービの「AJP-2050」を導入して3ヵ月。ロードスターのトランクに楽々収まるサイズながら、十分過ぎるパワーと、水冷式インダクションモーターならではの静粛性、そして設置のたびにテンションの上がる「プロっぽい」仕様で、私はたいそうお気に入りです。

 ただ、この「プロっぽい」仕様という微妙なポジションは、この機種に姉妹品で正真正銘プロ用の「AJP-4205GQ」が存在するからであります。違いは本体色の他は、付属の高圧ホース。黄色の家庭用は8メートル、緑のプロ用は「業務用高圧ホース(10m)」という違い。でも、たったそれだけでプロ用は1万円ほど高い。

 ちょっと大メーカーのくせにぼってんじゃないの? と思いきや、調べてみるとプロ用高圧ホースは結構お高い。では、それだけの価格差が市場に認められるプロ用高圧ホースとは如何なるものなのか。リョービ採用品の仕様は不明ながら、同じプロ用と呼ばれるものを試してやろうじゃないか。というのが今回の動機であります。

 誠に間口の狭いマニアックな話でありまして、興味のある方は圧倒的少数でしょうが、結論から言って、これは高圧洗浄機の使い勝手を大きく変えるものであります。ぜひ、ついて来ていただきたい。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ