このページの本文へ

0dBの静音冷却テクノロジー対応の3連ファンを採用

ASRock、2.7スロットクーラーで冷却効果を高めたRadeon RX 5700 XT搭載ビデオカード

2020年09月04日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRockは9月4日、 Radeon RX 5700 XTを搭載するビデオカード「Radeon RX 5700 XT Challenger Pro 8G OC」を発売すると発表した。予定価格は5万3900円。国内正規販売店を通じて、全国のPCパーツ販売店で9月11日から順次販売を開始する。

 Radeon RX 5700 XT Challenger Pro 8G OCは、ベースクロックが1650MHz、ゲームクロックが1795MHz、ブーストクロックが最大1905MHzというスぺックで、8GB 256bit GDDR6のビデオメモリーを搭載。これらにより、ユーザーに優れたゲームパフォーマンス体験を提供するとしている。

 本体は金属製バックプレートにより強度を高めたほか、新デザインのトリプルファンクーラーを装備する。3基の8cmファンは、ビデオカードの温度が低くなると自動的にファンの回転が停止する0dBの静音冷却テクノロジーにも対応する。また、2.7スロットのクーラーを装備することで冷却性能も高めた。

 そのほかの主なスペックは、バス規格がPCI Express 4.0、メモリークロックが14Gbps、メモリーバスが256bit。デジタル最大解像度は8K HDR 60Hzに対応し、インターフェースはHDMI 2.0b×1、DisplayPort 1.4×3、DSC 1.2a×3を、電源コネクターは8ピン×2を装備する。本体サイズは、およそ幅279×奥行き118×高さ52mm。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中