このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

オンライン会議や“歌ってみた”録音にも最適

つばさも絶賛、お手頃価格でマイクの音質にこだわるならBlue「Yeti」が最適、ストリーマー目指す人も!

2020年09月25日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

お手頃価格でマイクの音質をグッと上げられる「Blueマイクロフォンズ」ブランドのマイク

 最近、在宅勤務になってパソコン周りの周辺機器を見直す機会が増えている。その筆頭なのがマイクとカメラだ。オンライン会議で、明らかに人によって、使っている機材によって音質、画質は異なり、たまにこの人のマイク聞き取りづらいな……と思ってしまうこともある。そのため、自分の声はなるべくクリアーに届けたいと考えるようになったからだ。ということで、“なるべくお手頃で質の高いマイク”を探していた。

 また、最近では自宅で過ごすことも増えて、動画を観る時間が増えたこともあり、それに相まってストリーマーを目指す人も増えてきているのではないだろうか。たとえば“歌ってみた”やラジオのようなトーク配信、ゲーム実況など、自身の声を入れて配信するものは、マイクがかなり重要になってくる。

 音がよくて価格もお手頃なのに加え、必要なのが接続が簡単ということ。できれば、USB接続ですぐに使えるものがいい。そうやって探していると、たどり着いたのが、ロジクールのマイクブランド「Blueマイクロフォンズ」ブランドだ。

高音質、お手頃、接続簡単と3拍子揃ったマイク

 Blueマイクロフォンズの中で個人的にオススメなのが、「Yeti高品質USBコンデンサーマイク」(以下、Yeti)「Yeti Nano高品質USBコンデンサーマイク」(以下、Yeti Nano)「Snowball iCE高品質USBコンデンサーマイク」(以下、Snowball iCE)の3機種。

 Yetiは、マイクに向かって話したり、歌ったり、演奏したり、複数人でしゃべったりと、様々な状況でマイクを使いたい人、Yeti Nanoは、机の上で使用するうえで、Yetiはちょっと大きすぎるなという人向けに、オンライン会議だけでなく、雑談や歌ってみたなどもやりたい人に、Snowball iCEは、なるべくリーズナブルな価格でオンライン会議の音質を上げたいという人にオススメのモデルとなっている。

 参考価格は、Yetiが1万8810円、Yeti Nanoが1万5510円、Snowball iCEが7810円となっている。高音質なマイクは高額なイメージがあったが、Blueマイクロフォンズのラインアップをみて「え、これくらいで買えるんだ」と驚いたお手頃価格も魅力となっている。

試用機の主なスペック
機種名 Yeti高品質USBコンデンサーマイク Yeti Nano高品質USBコンデンサーマイク Snowball iCE高品質USBコンデンサーマイク
Blackout Edition/Midnight Blue/Silver/Black & Teal Shadow Gray Black/White
ビットレート/サンプルレート 16-bit/48kHz 24-bit/48kHz 16-bit/44kHz
指向特性 単一指向性、双方向、全方位、ステレオ 単一指向性、全方位 単一指向性
カプセル 3つの14mmコンデンサーカプセル 2つの14mmコンデンサーカプセル コンデンサーカプセル
周波数特性 20Hz~20kHz 40Hz~18kHz
ヘッドフォン出力 あり なし
サイズ およそ12×奥行12.5×高さ29.5cm およそ幅9.6×奥行10.9×高さ21.1cm 円周およそ325mm
重さ マイク:約550g、スタンド:1000g 約630g 約460g
価格 1万8810円 1万5510円 7810円

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン