前へ 1 2 3 次へ

「VALORANT」が150fps以上で動いて11万円台! コストバランス抜群でPCゲーム入門機にもアリな「PG-FT」をレビュー

文●高橋佑司 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 STORMは、PCパーツ商社のアイティーシーが母体になっているBTOメーカーで、BTO PC製造20年の歴史を誇る老舗メーカーだ。

 昨今人気の高いゲーミングPCはもちろん、ビデオカードなどを必要としない人向けのスタンダードなPCや、静音性・省スペース性にこだわったPCなど、幅広いモデルを展開。母体が商社ならではのパーツ選定の巧みさを生かした、コスパの高いPCが魅力になっている。

 そんなSTORMが販売している「PG-FT」は、AMDの6コア/6スレッドCPU「Ryzen 5 3500」と、NVIDIA「GeForce GTX 1660」を搭載し、PCゲームも遊べるスペックを確保しながら、税込みで11万2800円というコスパが魅力の製品。

 なかなか外出が難しい昨今の情勢のなかで、PCゲームに興味を持ったものの、ゲーミングPCは値段が高い……と思っていた人にも、比較的手が出しやすいモデルだ。今回は、PG-FTがどんな製品なのかレビューしていこう。

「PG-FT」の主なスペック
CPU AMD「Ryzen 5 3500」
(6コア/6スレッド、3.6GHz~4.1GHz)
PCケース PHANTEKS「ECLIPSE P400S」
CPUクーラー Cooler Master「HYPER 212 LED TURBO WHITE EDITION」
マザーボード MSI「B450M MORTAR MAX」
メモリー Crucial製 16GB(8GB×2、DDR4-3200)
グラフィックス GeForce GTX 1660
ストレージ 250GB SSD(M.2、NVMe)、1TB HDD
インターフェース USB 3.2 Gen 2 Type-C×1、USB 3.2 Gen 2 Type-A×1、USB 3.2 Gen 1×6、USB 2.0×2、PS/2×1、S/PDIFポート×1、ギガビットイーサネット×1、Flash BIOSボタン×1
映像出力 HDMI×1、DisplayPort×3
電源ユニット 750W 80PLUS GOLD
OS Windows 10 Home(64ビット)

静音重視or冷却重視を選べるケース
大型空冷クーラーも標準採用

 まずはPG-FTの外観から見ていこう。本製品が採用しているPCケースは、PHANTEKS「ECLIPSE P400S」だ。ゲーミングPCのケースは派手めなデザインも多いなか、本製品は落ち着いた印象。ワンポイントのアクセントとして、電源ボタンとフロントの下部が光るようになっている。

 USBなどのインターフェース類が天面前部の右側に並んでおり、PCを机の下などに置いた際に使いやすい配置だ。

USBポートなどが天面前部に並んでいる

背面のインターフェース

 特徴的なのが、天面の取り外し可能なパネル。ECLIPSE P400Sは、内部に吸音シートを取り付けるなど静音性を高めたミドルタワーケースだが、より冷却性を重視したい場合、このパネルを取り外してエアフロ―を強化できる。

天面のパネルはマグネット式で、取り外しが可能

内部の様子

 Micro-ATXのマザーボードを採用しているため、内部はすっきりとしており、十分なエアフロ―が確保されている。CPUクーラーには、Cooler Master製の大型空冷クーラーを標準搭載。大型のヒートシンクを採用したモデルで、CPUの熱を効率的に排熱できるようになっている。

面積の広い大型のヒートシンクと120mm角のファンを採用するCPUクーラー。透明なファンで光が透過するようになっている

 そのほか、メモリーには信頼性の高いCrucial製のDDR4-3200メモリーを16GB搭載。アイティーシーがCrucialの正規代理店を務めていることもあり、人気の高い同社製パーツを多くのモデルで採用してるのも、STORMのBTO PCの特長だ。

自作・BTO PCでも人気のCrucial製メモリーを標準搭載

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
06月
07月
08月
09月
10月
2017年
09月
10月
2016年
01月
03月
05月
2010年
05月
2008年
11月