このページの本文へ

山根博士の海外モバイル通信 第507回

台湾のオシャレなPCバッグを持ってプチ・ワーケーション!

2020年08月14日 10時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新宿御苑でプチ・ワーケーション

 旅先で観光したり温泉にはいりつつ、夜はホテルや旅館の部屋で仕事をするという「ワーケーション」を日本でも普及させようという動きがあります。しかしなにも遠くに行かずとも、近場の公園に出かけて日光浴しながら、ノートPCやスマートフォンを出してのんびりと仕事するほうが、日常のストレスから解放されて仕事の効率も上がるような気がします。普段は香港在住の筆者も自宅かカフェで仕事をしますが、気分転換したくなったときは公園に移動してベンチでネタを考える、なんてことをよくやっています。

 日本では7月末に環境省が東京・新宿にある新宿御苑でワーケーション体験イベントを行ないました。筆者は残念ながらイベントに参加することができなかったのですが、新宿御苑そのものはのんびりと仕事するにはいい環境がそろっています。入園料はかかるものの、園内の見晴らしのいい場所にはスターバックスコーヒー(スタバ)もあります。疲れたら芝生で寝っ転がったり、暑くなればスタバの中に入って涼むこともできますなんていい環境だと思いませんか? 新宿御苑はプチ・ワーケーションするのに最適な場所なのです。

のんびりできる新宿御苑

 近場に出かけるとはいえ、公園で1日のんびり過ごしながら仕事するとなると、普段着でカフェに行くときとは気構えが変わります。服装もよりカジュアルなものにしたいものですし、持っていくカバンや小物もどうせなら写真写りの「映える」ものにしたいもの。ワーケーションで旅行に行くほどではないにしろ、ちょっとよそ行きの気分ででかけたいものです。

カフェに行く時とは気分も持ち物も変えたいもの

 ということで8月上旬のとある日、友人のITジャーナリスト、富永彩乃氏と入園料500円(一般)を払って新宿御苑でプチ・ワーケーションしてきました。スタバは園内中央あたりにあるため入り口からやや遠いものの、セミの声を聴きながら歩いているとどこかの避暑地に来たような気分になれます。園内のスタバは人気があるらしく訪れた時間は店内は満席、屋外のテーブルに席を取りました。ここでノートPCを開くと芝生の上で遊んでいる子供たちの声がいいBGMになります。

新宿御苑内のスタバの屋外席でお仕事

 ノートPCで仕事するとなると電源が欲しいところですが、ノートPCの電源が切れる数時間だけ仕事して、あとは芝生の上で寝っ転がって読書する、というのもいいかもしれません。またスマートフォンがあれば読書だけじゃなく動画を見たりもできますね。実はこのスタバのそぐそばには「シティチャージ」という太陽光パネルを使った充電テーブルが2つ設置されています。

天板が太陽光パネルになっているシティチャージ。2ヵ所設置されている

 このテーブルは対角線上の2ヵ所にUSB Type-A端子が備わっています。シティチャージのキャッチコピーは「あなたのスマホにエコな電気を」。つまり太陽光を使ってスマートフォンを充電できるのです。新宿御苑内でスマートフォンの電源が切れそうになったらここまで歩いてきて充電するのもいい運動になりそう。

iPhone 11 Pro Maxも問題なく充電可能。USBケーブルは持参しよう

 さてノートPCを入れて気軽に街歩きできるバッグはいろいろな物が売られていますが、筆者は香港在住ということもあり台湾のmoshiというメーカーの製品が気に入っています。日本のものとはちょっとデザインが違うあたりもポイントの一つ。このバッグは「Helios Lite」。全体は布地でファスナー回りなどにビーガンレザーを使っているのがポイント。

ノートPCを収納できるmoshiのHelios Lite

 内部はPC入れやスマートフォンの入るポケットがあるので、普段使いのバッグとしても利用可能。小物はまとめて別の小さいバッグに入れて収納すると中が散らばりません。ベルト部分はマグネット留めなので出し入れも楽です。

ノートPCやスマホ数台、カメラなども十分はいる

 内部の手前側のポケットには着替えのTシャツなども入れておけます。また写真ではわかりにくいのですが折りたたみ傘を留められるベルトがついており、これが意外な使い道があるのです。ジンバルを付けたスマホやシューティンググリップソニーのZV-1をそのまま入れても倒れないんです。Vlogする人にちょっと便利かも。

日常的に使うには十分な容量。シューティンググリップをつけたZV-1を入れておける

 moshiはバッグ以外にもモバイルバッテリーやスマートフォンケースなど様々な製品を出しています。日本でもその一部は販売されています。台湾にはmoshiの直営ストアも多くあり、台北のIT&ライフスタイルビル「SYNTREND(三創生活)」にはmoshiのカフェも入っています。

AP570_10 ライトニング&USB Type-Cケーブル内蔵式の5000mAhバッテリー「IonGo 5K Duo」

 それこそ新型コロナウィルス落ち着いて自由に台湾に行ける日が来たら、台湾へワーケーションへ出かけたいものですね。テレワークやリモート授業が多く外出の機会が減っていると思いますが、天気がいい日は近所の公園に出かけて気分転換するのもいいものですよ。

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン