このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第109回

アップル驚きの好決算 秘訣は「オンライン化」

2020年08月12日 09時00分更新

文● 松村太郎 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは米国時間7月30日、2020年第3四半期(4-6月)決算を発表しました。非常に驚かされる好決算でした。特にMac、iPadはすごいとしか……。

 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が観測された時期と重なっており、消費者心理は冷え切っている状況。飲食や観光などの業種は、外出を制限もしくは自粛が広がる中で、大きなダメージを被っています。

 持ち歩くことを前提としたスマートフォンで成長してきたアップルが、外出が制限されたり、新しい生活様式が拡る中、どんな決算を迎えたのか、という注目ポイントがありました。

 しかし、フタを開けてみると、iPhone自体はiPhone SEの発売で前年同期から微増、現状維持となりました。その上で、Macは21.6%増、iPadは31.0%増と、これまでにない大幅な伸びを記録しました。これまで好調が続いているウェアラブル・ホーム・アクセサリー部門は16.7%増、サービスは14.8%増と引き続き2桁成長を維持しています。

 ただし、ウェアラブルはApple Storeの閉鎖の影響で伸ばしきれなかった印象があり、ホーム部門はApple TVとHomePodがどうしても層の薄さを感じさせます。またサービスも十分高成長ではありますが、もっと伸ばせる余地があったかもしれない、とも感じます。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中