このページの本文へ

コーピー、AI運用・品質管理プラットフォーム「CONFIDE」をプレローンチ

2020年08月06日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コーピーは8月6日、ドメイン特化AIのAI運用や品質管理を簡単に行なえるサービス「CONFIDE(コンファイド)」をプレローンチした。

 同社は東京大学とフランス国立情報学自動制御研究所(Inria)発のAIスタートアップ。CONFIDEは同社が蓄積しているXAI(説明可能AI)技術やQAAI(AI向け品質検証)技術をベースとし、製造業などで用いられるドメイン特化AI向けの運用・品質管理プラットフォーム。

 これまでのAIの判断根拠が理解できない(ブラックボックス問題)、AIシステムの品質検証が十分できないといった課題を解決し、各ドメインに特化して知見を蓄積することで、それぞれのドメインで求められるAIシステムの運用・品質管理を容易に可能としている。

 今回、DEEPCOREやDeep30、そのほか金融機関からの合計1億円強の資金調達を実施、正式版ローンチに向けた開発や事業者の導入を進めるという。

 CONFIDEは正式版を12月にローンチ予定。それまでにCONFIDEを用いてAIの運用・品質管理を試してみたいユーザー企業や、サービスの共同開発を考えるパートナー企業を募集している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ