このページの本文へ

「SID Display Week 2020 Symposium」で発表予定

リコー、49gのスマートグラス開発 両眼視タイプとしては世界最軽量

2020年08月04日 08時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 リコーは8月3日、両眼視タイプとしては世界最軽量をうたう、重さ49gのスマートグラスを開発したと発表。8月3日から8月7日までオンライン開催されるディスプレーに関する国際学会「SID Display Week 2020 Symposium」で発表予定とのこと。

 スマートグラスは、パソコンやスマホなどと連携して、現実の視界を見ながらディスプレー上にデジタル情報を重ねて表示するデバイス。医療や建築、工場現場での作業指示、一般ユーザーの歩行案内などの日常生活支援といった、幅広い分野での活用が期待されている。

 オフィスや店舗、工場などでの一般的な業務や個人での活用には、終日装用しても疲れない軽さと多様な情報表示のための広い視野角を両立する技術が不可欠だという。しかし、これまでの両眼視タイプのスマートグラスの重量は、一般的なメガネの3倍以上もするものがほとんどで、短時間の遠隔作業支援などが主な用途だった。

 今回リコーが開発したスマートグラスは、レンズ部分に独自開発の薄型・軽量のプラスチック導光板を採用することで重さ49gを実現。さらに、1m先に約30型の画面が見える視野角により、軽量・広視野角を両立したとのこと。

 また、従来のスマートグラスは、ディスプレーユニットがレンズと一体化した構造であるため、鼻に大きな重みがかかるという課題があった。リコーは、ディスプレーユニットをこめかみ付近に配置できる特殊な光学系を開発し、鼻にかかる荷重を一般的なメガネ程度にまで低減し、快適な着け心地を実現したという。

 上記の特徴には、リコーがこれまでプロジェクターやカメラなどの開発で培ってきた光学技術が活かされているとのこと。また、普段の生活の中で違和感なく着用できるよう、メガネメーカーの協力を得て、一般的なメガネのような親しみやすいデザインにもこだわったとしている。

 リコーは今後、事業化に向けてパートナーを募集するとともに、実用化にむけてさらに開発を進めていくとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン