このページの本文へ

Android版の最新バージョンは近日配布予定

iOS版「新型コロナウイルス接触確認アプリ」、陽性者登録ができない不具合を解消

2020年07月13日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 厚生労働省は7月13日、iOS版「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の最新バージョン(1.1.2)を提供開始した。

 最新バージョンでは、接触確認アプリに陽性者として登録する際、正しい処理番号を入力しても登録できない問題を解消した。Android版の修正版は近日配布予定とのこと。

 接触確認アプリは、新型コロナウイルス感染者と接触した可能性について通知を受け取れるスマホアプリ。同アプリでは、新型コロナウイルス感染症の陽性者が、アプリに陽性者として登録できない事象が発生したため、7月11日から登録に必要な処理番号の発行を停止している。処理番号は、Android版の修正版が配布された後に発行を再開する予定だという。

 なお、アプリを利用した場合の接触の記録は、端末内で14日間が経過するまで保持されるため、厚労省は引き続きアプリの利用を続けるよう呼びかけている。接触確認アプリの7月13日17時時点でのダウンロード数は約680万件(iOS/Androidの合計)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン