このページの本文へ

オウルテック、ドイツbe quiet!製PCケースとCPUクーラーを発売

2020年07月14日 13時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PURE BASE 500DX

 オウルテックは7月14日、ドイツbe quiet!製PCケース「PURE BASE 500DX」とCPUクーラー「SHADOW ROCK 3 BK004」を発売した。

 PURE BASE 500DXは、エアフロー性能を重視したミドルタワータイプのPCケース。前面パネルと上面パネルは通気性に優れたメッシュ仕様、前面と底面部には取り外し可能なダストカバーを装備。前面/背面/上面にはそれぞれbe quiet!製140mm角冷却ファン「PURE WINGS 2」を搭載。ファンは単体でも販売されている人気モデルで、エアフローが最適になるように設計された独自フィンを採用。さらに140mm角ファンなら最大2基(前面1基、上面1基)、120mm角ファンなら最大4基(前面3基、上面1基)まで増設できる。

本体サイズはおよそ幅232×奥行450×高さ443mm

 冷却系PCパーツを取り付けやすい設計を採用しており、CPUクーラーは高さ190mmまで取り付け可能なほか、水冷クーラーは、背面が最大140mm、上面なら240mm、前面ならば最大360mmの大型ラジエーターを搭載可能。対応マザーボードはATX、Micro-ATX、Mini-ITX。ビデオカードは長さ369mmまで対応。ケースの前面部と内部にアドレサブルRGB対応のLEDを搭載。本体カラーはブラックとホワイトの2種類を用意、保証期間は3年間、予想実売価格は2万1780円の見込み。

SHADOW ROCK 3 BK004

 CPUクーラーの「SHADOW ROCK 3 BK004」は、TDP(熱設計電力)190Wに対応する、サイドフロー式のCPUクーラー。静音タイプの120mm角ファンを搭載、ヒートパイプは直径6mmの高性能ニッケルメッキ銅製を5本搭載し、直接CPUに接触する「HDT(ヒートパイプダイレクトタッチ)方式」を採用。

 ルックスにもこだわり、ヒートシンクの上面にアルミニウム製のトップカバーを搭載。つや消し塗装を施したバイカラーデザインとbe quiet!ロゴをアクセントとしている。予想実売価格は1万978円の見込み。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中