• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「東京オリンピック2020」など、新モードが複数追加!

史上最大級のボリュームで贈る『パワプロ』シリーズ最新作が発売!

2020年07月09日 20時45分更新

文● Zenon/ASCII

 コナミデジタルエンタテインメントは7月9日、野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』(以下、パワプロ)シリーズの最新作『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』(PlayStation 4、Nintendo Switch)を発売した。

以下、リリースより。

 本作は、「大会」や「パワアリーナ」、東京2020オリンピックの公式ライセンスを使用した「東京2020オリンピック」が新モードに追加され、搭載モード数は『パワプロ』シリーズ最大級! 2020シーズンの選手データを搭載し、シーズン中はもちろん2021シーズンも選手能力をアップデートするなど最新のプロ野球選手データで長くお楽しみいただけます。

 また、人気モードの「サクセス」では、定番キャラクターの矢部明雄(CV:大谷育江さん)やダイジョーブ博士(CV:堀内賢雄さん)らに初めてキャラボイスを搭載! 豪華な声優陣がサクセスをさらに盛り上げます!

 本作は日本野球機構(NPB)と共催するプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズンの競技タイトル(※)にも決定!

 最大4人までのプレイが可能になり、『パワプロ』の原点である対戦がより一層熱くなる『eBASEBALLパワフルプロ野球 2020』をぜひお楽しみください!

※Nintendo Switch版はプロテストオンライン一次予選のみで使用可能です。その後の大会はPlayStation 4版を使用します。

新モードが追加!

東京2020オリンピック

 開催国の日本はもちろん、出場権を獲得したメキシコ、韓国、イスラエルなど10ヵ国をゲーム内に収録! 2021年に延期された東京2020オリンピックの野球競技を一足早くゲーム内で楽しめます! 目指すは日本代表の金メダル!!!

東京2020オリンピックの最新情報はこちら
https://tokyo2020.org/

大会

 最大8チームを参加させて争う新モード。「リーグ形式」「トーナメント形式」「東京2020オリンピック形式」の3タイプで、試合設定や参加チームを自由に設定可能できます!

パワアリーナ

 サクセス、栄冠ナイン、パワフェスなどの各モードを題材に、さまざまな評価値の合計で競うオンラインイベント! 全国のユーザーと腕を競い合おう。

ほかにも新要素が盛りだくさん!

Nintendo Switch版では3つの新モード追加、PS4版では4人プレイが可能に!

 Nintendo Switchでは、「パワフェス」「LIVEシナリオ」「栄冠ナイン」モードが初めてプレイ可能に! さらに、PlayStation 4の『パワプロ』では初となる、最大4人までの協力プレイで、家族や友人と楽しめます!

サクセス

 今回の舞台は大学野球! パワフル農業大学編、提供国際大学編、エジプト大学編、3つの新シナリオでオリジナル選手を育成しよう! 矢部明雄やダイジョーブ博士ら定番キャラクターに初めてボイスがつきました!

オイラの声に注目でやんす!

VR

 対戦だけでなく、今作はPlayStation 4版に初搭載のモード、「ホームランアタック」のスコアアタックも楽しめる! リアルに再現された球場を迫力のVRで楽しもう!

※VRはPlayStation 4版のみ対応

 

 本作が、日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)共催のプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズン競技タイトルに決定!

「eBASEBALL プロリーグ」公式サイト:
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/

 

【ゲーム情報】

タイトル:eBASEBALLパワフルプロ野球2020
メーカー:KONAMI
発売日:2020年7月9日
ジャンル:野球・育成
プラットフォーム:Nintendo Switch/PlayStation 4
プレイ人数:
・Nintendo Switch:TVモード 1~4人、テーブルモード 1~4人、携帯モード 1人
※プレイヤー1人につき、Joy-Con 1本が必要です
・PS4:1~4人(オンライン時1~2人)
CERO:A(全年齢対象)
価格:
・通常版(パッケージ版・DL版) 7678円(Switch)/8778円(PS4)
・パワフルエディション(DL専売) 9878円(Switch)/1万978円(PS4)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう