このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第141回

iPhoneが調子悪いときに再起動する方法

2020年07月14日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneを使っていると思わぬバグ(不具合)に遭遇することがあります。たとえばアプリを使用している最中に突然、画面が真っ黒になったり、勝手に再起動してしまったり……。

 今回はそんな時に試したい技をお伝えします。

 アプリが上手く起動しない、iPhoneの画面が突然真っ黒になったり、といったことに悩まされている方は、iPhoneを再起動するという方法がオススメです。

「iPhone 8」や「iPhone SE 初代」の場合

 「iPhone 6s」よりも古い機種をお使いの場合は、サイドボタン(電源)とホームボタンの長押しを、「iPhone 7」以降の「iPhone 8」を除く「iPhone SE」などは、サイドボタン(電源)と音量調節ボタン(下げる)を長押しすることで再起動できます。

「iPhone 11 Pro」などの場合

 「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、最新機種「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」などは他の機種よりもやや多く手順を踏む必要があります。

  1. 音量調節ボタン(上げる)ボタンを押してすぐ離す
  2. 音量調節ボタン(下げる)ボタンを押してすぐ離す
  3. サイドボタン(電源)を10秒ほど押し続ける

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中