このページの本文へ

クリエイター向けブランドDAIVより、薄型化・高性能化した15.6型ノートPC「DAIV 5N」が登場

2020年07月09日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは7月9日、クリエイター向けパソコンブランド「DAIV」から、第10世代インテルCore i7-10875HとGeForce RTX 2060を搭載した15.6型ノートパソコン「DAIV 5N」シリーズを発売した。

 sRGB比およそ100%の色域に対応する15.6型液晶(1920×1080ドット)を搭載、3辺を狭額縁化することで従来機(DAIV 5N:2019年モデル)よりも本体フットプリントをさらに小型化。本体の天板とパームレスト面のボディにマグネシウム合金を採用して軽量化も図り、重量およそ1.77kgとしている。厚みも19.9mmとスリムなボディとなり、従来機よりおよそ10mm薄型化。

 GeForce RTX 2060のDiscreteモードに対応しており、開発環境やVRなどの用途においても安定したパフォーマンスを発揮。高速インターフェイスとしてThunderbolt 3端子やWi-Fi 6を搭載するほか、HDMI×1を装備する。

 16GBメモリーと512GB NVMe SSDを搭載し、標準モデルの価格は19万7780円。Microsoft Office Home & Business 2019セットモデルの「DAIV 5N-B」は22万5280円。

カテゴリートップへ